2007年10月31日

厚揚げの炊いたん

近くのアジア食材店で4つパックで売っていたのでトライ。

atsuage.JPG

fried tofuって書いてあったから、ようするに厚揚げよね。
甘辛く炊いてみた。

外側は固いので中だけナラ子にあげてみたら、食べる食べる!
やっぱり外国の豆腐という、パサパサ感は否めないけど、
気に入ったみたいで、口を開けて待ってました。
作った甲斐あったわ〜。(ホッ)

もう買わへんかな、この冷凍厚揚げ。
っていうか、厚揚げというよりちょっと分厚いただの”おあげ”やん。
最近、西さんでオンラインショッピングできるようになったので、
今度からはそこで買おーっと。手(チョキ)

西ショップ:http://www.nishishop.ch/
posted by hummeli at 22:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ついに3本目!

息子にもついに、やっと3本目の歯が生えてきました。

ここ3ヶ月程、歯茎がぷっくり赤くなっていて、
食事面では、一口大の野菜でも口に触るらしく、
もっと細かく切ったり、brei状にしたりしてました。

ある晩、ご飯の後に歯磨きをしていたら、
あったーーーー!

でも、あれ!!!??

ずーっと待ち構えていた上ではなく、
下の向かって左側、生えている2本の横に白い物が。。。
そうです、下に3本仲良く並んでるわけです。
上がくると思っていて、下はぜーんぜん気にしてなかったので、
ホントにビックリ、目が点でした。目

歯が生える時、熱が出たりお尻が赤くなったりする子もいますが、
そんな症状も気付かず。。。
上はと言うと、歯茎の下でスタンバってるのは分かるんだけど、
うっすら白いのが見えるくらいで、まだまだ出てこないだろうなー。

。。。と思っていたのがつい1週間程前。
上の歯4本、ついに行動開始しました!

指を口の中に入れたり、
ボールペンを噛みたがったり、
喋っている途中からよだれがたら〜んと垂れてきてたり。
幸い、息子にはこのzahngelがよく効くようで、
塗るとマシになるようです。
ジェルを指に塗ると自分から口を開けるし、
塗った後も私の指をちゅぱちゅぱ吸って、後味を味わってます・笑

昨日はこのむずがゆい歯をナントカしたい為か、私の肩を噛み噛み。
ふと噛まれた所を見てみると、よだれに混じってが!!
もう歯茎を通過したってことよね、これ!?
やっぱり、歯が生えてくるって痛いんだ。。。
思わず、ナラ子がんばれ!と声をかけてしまいました。

歯が生え始めて、完全に出てくるまで
どれくらい時間がかかるのか分からないけど、
寒くて暗〜い、天気の悪い冬の間中、歯のぐずぐずがあったら弱るな〜。
雨や雪だと散歩に出るのも出にくいし。。。


相変わらずphysioは月1回のペースで、
オステオパシーはあと1回ほど通うことになりました。
両者共に口を揃えて言うことは、
ナラ子は他の子供よりとても体や関節が柔らかいということ。
その為に、筋肉がしっかりするまでに時間がかかるということ。
足の甲がスネにつきそうだったり、
手の甲は腕につくまであと一息!って程に柔らかいんです。
脚も180度開脚はお手のもの、片足上で反対は下に、という
「そりゃ、無理やろ」とこちらが思うような格好でも、平気みたいです。
この際、サーカスにでも入って曲芸師の弟子入りでも考えようかしら!?笑

tacchi-elfenau.JPG

最近は四つん這いの姿勢にもって行っても、
脚をピーンと突っぱねて立ちたいみたいです。
まだ一人で立ち上がることはできないけれど、
こちらが立たせれば、つかまって1分程なら立っち出来るようになりました。
朝部屋に入ると、ベッドの上に座っているときもあって、これはビックリ!
ナントカ一人で起き上がることが出来るようになりました手(チョキ)

理由も分かったし、安心してphysioにも通っています。
とにかく、人より時間がかかるというだけなんです。
ハイハイして(歩いて)そこら中の物を引っ張り出したり、
どこでも行くから目を離せない、ということもないので
もう少しこの時間を楽しむことにしました。
posted by hummeli at 17:11 | Comment(4) | TrackBack(0) | 息子と私・育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

おいなりさん

ドイツで買ってきていたおあげさんで、ついに作りました。

inarizushi.JPG

簡単にあげが手に入るなら、自分で甘辛く炊こうと思うけど、
手に入らないし、味付けの袋状になってるのが売ってたので買いました。
皮はナラ子にも好評。
zeraにも好評だったけど、
shaneは首を横に振ったままトライもしてくれませんでした。。。

日本の子供だったら、おいなりさんって甘いから好きなんじゃないかしら?
私はいままで、その甘い皮が嫌いでアンチいなり寿司でしたが、
何年かぶりに食べたら、美味しいや〜ん!目

おいなりさんを見直しました。
posted by hummeli at 01:34 | Comment(4) | TrackBack(0) | 食・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月30日

女だけのブランチ 2

待ちに待った日曜日。
「日本語を思う存分しゃべる会」のような勢いで、
日本人妻3人でKornhaus Cafeのブランチを堪能してきました。レストラン

okt28.1.JPG

機転を利かせて、Kさんが予約してくれてたおかげで
10時ピッタリに行ったこともあり、待ちぼうけをくうこともなく、
ちゃんとテーブルにつけました。

30分もすると、あれよあれよと人が来て、
あっという間にテーブルは満席に。
待っている人もいました。

シーフードマリネ、秋っぽいキノコのアンティパスティ、
スモークサーモンにウナギの薫製、ハムにチーズ、
スクランブルエッグ、ソーセージにベーコンetc
前回と同じく、内容も豊富でどれも全部美味しかったー!ぴかぴか(新しい)
フレッシュジュースも5種類ほどあり、
私は大好きなピンクグレープフルーツジュースを。
コーヒーと紅茶、ジュースは2時まで飲み放題だそうで、
結局、3杯もお代わりしてお腹がたっぷんたっぷんに・苦笑

今回も前回のブランチ同様、子供抜き。
昔の話やら、血液型の話、パートナーの話、
席に着いた瞬間から立つまで、ずーっと喋ってた気がします。
後ろのテーブルにいた、
40代くらいのおじさんがこちらを見て微笑んでいたけれど、
「久しぶりに気のあう友達と母国語喋って、すごい勢いだな〜」って
思ってたんでしょうね、きっと。
まわりのおばさまの視線もたまに感じたりしてたけど、お喋りは止まらず。

久しぶりに大笑いしました。
スイス人の友達ともいいけど、
やっぱ気を使わなくって、
言葉の不自由のない日本人同士が一番だな手(チョキ)
Kさんが帰った後、Yちゃんと結局2時まで居座りました。
お腹も心も満たされて、
1週間楽しみにしていただけあった、楽しいブランチでした。
また行こうね!

okt28.2.JPG

昼からはナラ子とバラ公園へ。
偶然にここでKさん家族とバッタリ。
ナラも砂場や落ち葉の上で遊んだりして、暖かい午後を楽しみました。

写真の頃は5時前かな?
霞がかかったベルンの街。
旧市街の屋根の凹凸が黒い影になってとても綺麗。
冬時間になってからの6時はもう真っ暗です。
夕日を見るなら、5時です。
posted by hummeli at 04:53 | Comment(6) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月28日

ピンクに染まる空

abendsonne.JPG

義理両親宅からの帰り、駅を降りると空がピンクに染まっていました。
昨日はバラ公園から、オレンジ色に染まった空を、
今日は金と紫とピンクに染まった空でした。

家に向かう途中、何度も空を見上げ、その度にちがう表情をみせる空。
あっという間に真っ暗に。

こういう空を見ると、心が洗われるような気がします。
posted by hummeli at 03:34 | Comment(6) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

Heidelberg/ハイデルベルグ -雑貨屋-

メインの広場からちょっと奥に入った通りで見つけました。

pigladen1.JPG

夜歩いていた時に見つけたので、ちょっと写真は暗いですが、
私の好きそうな柄やモチーフのバッグや布達、
カードや小物類がショーウィンドーから見えます。

pigladen2.JPG


昼間にもう一度尋ねてみました。
奥には若いアーティストの作品が展示してあるギャラリーもあります。
アクセサリーもあって、
次のアーティストが自分の作品を発表できる場でもあるのかな?と思いました。

pigladen3.JPG

ここで見つけたアクセサリーブランド、SAEGEN
陶器で出来ているようで、プラスチックみたい。
でもちゃちく見えず、素敵なモチーフが描かれています。
北欧はスウェーデンの物です。
自分はこういうのはつけないな〜と思いながらも、
可愛いなと見とれてしまいました。
北欧っぽい柄がレトロでとっても可愛いんですよ。


bourgeois pig
ingrimstrasse 7
69117 heidelberg
Tel : 06221-889 49 68
www.bourgeoispig.de

*開店時間
月   15:00〜19:30
火〜金 12:00〜19:30
土   11:00〜18:00

posted by hummeli at 20:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | スイス国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

6時にバラ公園で会いましょう

久しぶりに夕方、バラ公園まで行ってみた。

yuugure1.JPG

日が沈みかけた頃で、
やわらかいオレンジの日射しがとってもまぶしい。
街の屋根、山の尾根が空気の層と重なって、綺麗なグラデーションに。
ナラ子と落ち葉の上で遊んでから、もう一度同じ場所に戻ってみた。

yuugure2.JPG

時刻は6時5分。
さっきとは顔を変えた空と太陽。
薄暗くなって行く空と、濃いオレンジの太陽を二人で眺める。
今日は風もなく、ここ最近の中では寒さもマシ。
また寒さが穏やかな日には、ここへ夕日に会いに来よう。


時計明日10月28日から冬時間スタートです。
時計の針を1時間戻さなくっちゃ。。。
posted by hummeli at 18:30 | Comment(4) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月26日

揚げないコロッケ

ラクレットにしたジャガイモがたくさん余ったので、
久しぶりにコロッケを。

croquette.JPG

油で揚げないで、
初めてオーブンで作ってみたけれど、衣はサクッと美味しくできました。
息子もパクついておりました手(チョキ)
フライドポテトも揚げるよりオーブン派。
ちょっと時間がかかるのが難点なんだけどね。。。

天ぷらはさすがに、、、、オーブンじゃ無理よね・苦笑
posted by hummeli at 03:43 | Comment(8) | TrackBack(0) | 食・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月21日

HESS IS MORE

デンマークの友人Gytzの友達でもあるMikkel Hess/ミッケル ヘス。

彼らのフェーリエンハウス(ようするに別荘ですな)に遊びに行った時、
ヘスの収録スタジオを見せてもらったのが始まり。
インストゥルメンタル系の音楽を作っている彼。
gytzにデモCDをもらってからすっかりハマり、
新作が出る度に頂いています。

hessCD.JPG

おとといgytzがベルンに立ち寄った時に、
ヘスの新作のデモを持って来てくれました。
まだディスクにもなってなくMP3だったので、
ロピがCDに焼いてくれて只今のBGMとなってます。

私には、今まで知らなかったジャンルでした。
でもすーっとヘスワールドに入っていってしまいます。

でっかくて、髭っ面で、すんごく北欧フェイスで、
英語も堪能で、優しくって、いいです、彼ぴかぴか(新しい)

こちらのCISCO RECORDSで、ヘスのアルバム
全曲試聴できるので、
聞いちゃってみて下さいるんるん
posted by hummeli at 18:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

冷え込むベルン

昨日はぐんと温度も下がり、朝方は4度。

kiku.JPG

風も冷たく、外は寒い。
落ち葉が風に舞って。。。なんて、そんな優雅なもんじゃないくらい。
びゅ〜ん、びゅ〜んです。

こんなに寒い日は家でのんびり、コーヒー片手に雑誌でも読もう。喫茶店
なんて悠長なことは言ってられません。
息子を連れて、土曜日のマーケットへ。
最近ずっと部屋に花がなかったので大きな菊を買いました。
マーケットでは鉢植え用や切り花用の菊だらけ。

ナラ子が昼寝をしている間、
先週から用意していた落ち葉で部屋のデコレーションを作りました。

herbstdekorneu.JPG

拾ってきた物でちょちょっと。
こういうの、好きなんです。
白い壁が華やかに、そしてほっこりと和みました。
posted by hummeli at 18:27 | Comment(6) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月18日

Heidelberg/ハイデルベルグ -カフェ-

ハイデルベルグで一番古いこのカフェ。

cafeknoesel1.JPG

外からふと覗いたら、すごくいい感じ。
暖かい照明に、店内のケーキのショーケースが目立つ。
小さいテーブルにはカップルが向かい合って話している。
奥の方にはたくさん席があるらしく、にぎやかな声も。



ロピがナラ子を寝かしつけている間、
ふらりと一人で寄ってみた。
寒かったのでホットチョコレート+クリームを。

cafeknoesel2.JPG

こっちのココアって、はっきり言って美味しくない。
コクがなくって水っぽい。
しかもホットって書いてある割には、温い程度。
家で作るのが一番だと、いつも飲んでしまってから思うんだけど、
カフェラテの気分でもなかったし、ココアで寒くなった体を暖めた。

入ってすぐの飾りテーブルには雑誌が置いてあり、
手持ち無沙汰で入っても、何かを読んで時間が過ごせる。

cafeknoesel3.JPG

本当はケーキの誘惑があったけれど、
美味しいタイレストランを予約していたので、我慢。
次回は絶対に、ここでコーヒーとケーキを食べるぞと誓った私です。


Cafe Knoesel
hapselgasse 20
69117 Heidelberg
Tel : 06221-7272754

posted by hummeli at 22:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | スイス国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月17日

Heidelberg/ハイデルベルグ(ドイツ)

古くから多くの詩人や芸術家たちに愛されている都市で、
日本の奈良・京都に当たるそう。

DSC07607.JPG
 Karl-Theodor/カール・テオドール橋とnecker川/ネッカー川を望む。

小さくこじんまりして、石畳がよく似合う学生の街。
ベルンにもちょっと雰囲気が似ていて、かわいい街。
なんか、すっとその雰囲気に溶け込めるような感じがしました。

かわいいお店の外観とロゴだなーと思ったら、
studentenkuss/学生達のキスという名前のチョコレートを売ってました。

DSC07595.JPG

ハイデルベルグ土産に有名?
私もここでチョコレートと、
ロゴの入ったかわいい白いカップを買いました。

とても大きな聖霊教会。

DSC07592.JPG

教会の前のplatz/広場では、多くのカフェがテラスを出していて、
コーヒーやビールを飲む人達で賑わってました。
週末はマーケットの屋台も。

カール・テオドール橋のたもとにある門。
灯台みたいに見えるのは私だけ?

DSC07588.JPG

ホテルが門の前だったので、毎朝窓から観光客を覗いてました。
みなさん、8時半頃から行動開始。
早いですね〜。

2日目はケーブルカーに乗ってハイデルベルグ城へ。
「大丈夫か?」と心配したくなる程のかなりの急勾配。

DSC07636.JPG

お城から街を見下ろす。

DSC07637.JPG

度重なる戦争と落雷で崩れてしまったレンガのお城。
見ごたえたっぷり。
次回はもう一度ゆっくり、ガイドを聞きながら回ってみたいと思いました。

DSC07645.JPG DSC07646.JPG

ゲーム「ワンダと巨像」の世界です。

DSC07640.JPG

DSC07643.JPG DSC07647.JPG

街で一番古い建物で、現在はホテル。
ライトアップされ、装飾が際立ってとても素敵。
観光知識ゼロで行った私ですら、思わず足を止め見上げてしまいました。

DSC01598.JPG


曇りのち晴れ、のお天気であまり青空にあえなかったけど、
雨が降らなかったので良しとしよう。
年中クリスマスグッズを売っているお店や、
レコードだけを扱っているお店、
「カメラあります」と日本語で書いてあるお土産屋さん、
スイスにはないチェーン展開のお店など、
メインストリートはたくさんの人で賑わっていました。

今回は下調べもなしに行ったので、
何がなんだか分からなないまま終わってしまったけれど、
ベルンからも4時間弱で行けることだし、
次行く時はちゃんと勉強して、天気のいい日に行きたいな。


*行き方(約3時間半)
BernからICでBasel経由Mannheimへ。
そこでSbahnに乗り換えHeidelberg Hbf、
もしくはHeidelberg Karlstor(こちらの方が街へ近い)下車。

posted by hummeli at 22:18 | Comment(2) | TrackBack(0) | スイス国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月16日

Berliner

ビールにソーセージもそうだけど、ドイツと言えばコレ。

berliner.JPG

3泊4日でドイツへプチ休暇へ行ってきました。
行った場所はHeidelbergとロピ友のいるDuesseldorf。
かわいいお店にカフェも、しっかり発見!

ハイデルベルグでは観光客の多さにビックリ!
しかもアジア人の割合半分以上!
日本人のグループに混じって、教会の説明を聞いたりしました・笑

デュッセルドルフでは、すれ違う度に
「今の人、日本人ちゃうか?」っというような具合。
食材店も多いし、日本人のやっている旅行社や本屋まで!
日本のTVのレンタル屋まであって、バンクーバーを思い出しました。
思いがけず、ここの食材店で買い物。
れんこんにナメタケの佃煮、ブルドッグソースに蒸しそばetc
ホウレンソウもスイスでは葉っぱだけですが、
ここでは正真正銘のホウレンソウ(茎も全部!)が売ってました。
そんなに日本人(アジア人)、多いんやね〜。

ドイツらしいものを食べようと思っていたのも関わらず、
ハイデルベルグではタイレストランに2晩続けて通い、
デュッセルドルフでは友人宅で鉄板焼きをごちそうになり、
アジアづくめでした・笑


のんびりアップして行きます。
posted by hummeli at 22:27 | Comment(7) | TrackBack(0) | スイス国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月11日

Heilsarmee Brocki -Bümplitz-

*2017年1月現在、店内が広く綺麗になっています。

近場のブロッキーで満足できない時、足を運ぶのがココ。
かわいい缶もまとめていくつかゲット!

dosen.JPG

こんな感じでところ狭しと並んでいます。

DSC00987.JPG

こんな素敵なコーヒーセットや、

DSC00988.JPG
 
スイスっぽいお皿も。

DSC00989.JPG
 
チェックが可愛いカップとソーサー、お皿のセットは6フラン!

DSC00990.JPG
 
ちなみにこの↑セット、友達のブログで偶然にも発見!
聞いてみると、ここで気に入って買ったとか・笑
気に入ったら即買わないと、なくなっちゃいます。

ついに見つけた、子供用ベッド。

DSC00993.JPG

ずっとナラ子のベッドを探していて、お兄ちゃんが新たに運んできたのを目撃!
奥のオリーブ色のと迷ったけれど、
他の家具類も赤が多いナラの部屋。
赤の方がしっかりしてて、柵の取り外しもできたので、即買いしました!!
マットレスはついてなかったんだけど、
兄ちゃんが「いるでしょ?」とくれたので、
しめて25フランなり。手(チョキ)

規模も大きいだけに、家具や衣料の種類も豊富です。
近場のブロッキーになくても、ここで見つけたりすることもあります。
入り口が階段なので、バギーで登るにはかなり厳しい。。。
なので、しょっちゅう行けないのが難点かな。

Heilsarmee Brocki
Bümplizstr. 35
Tel : 031 990 09 10
http://www.brocki.ch/
*行き方
Bahnhofからトラム8番/Brünnen West Side行き、
Bethlehem Säge下車、道を渡ってすぐ
*開店時間
月〜金 9:00〜12:00 14:00〜18:30
土   9:00〜16:00

posted by hummeli at 18:34 | Comment(5) | TrackBack(0) | お店・shop・Laden | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

キュボロポップ 2

跳ねるパーツを1つ使ってみた。
うん、一度ポンっと跳ねてゴールへ!

DSC01551.JPG

2つ使ってみたら。。。
なんとかポンポンっといったけど、早過ぎてほとんど見えん。。。苦笑
高いところから玉を落として、跳ねさせてゴール、はOKだけど、
跳ねさせて次に、ちょっと高い場所へ。。。ってのは難しい。
というより、不可能!?
ジャンプ力が足りない。

DSC01555.JPG

DSC01561.JPG

他のはこんな感じ。

DSC01539.JPG

組み立てるのも難しいけれど、
出来上がったのを客観的に見て、
見た目も綺麗に作ろうとなると、これまた難題。。。

DSC01542.JPG

先週末にあったtoymesseで、
またまたキュボロ熱が再発!

toymesse-cuboro.JPG

並んでる全てのセットのbokを目の前に、
がんばるぞ!と意気込んでいた私とロピでした。


posted by hummeli at 18:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | オモチャ・spielzeug | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月10日

手がかかる?

そう思った事はない。

herbstlicht.JPG

実家の母に電話で近況報告。
ようやく一人で哺乳瓶を完飲できるようになったこと、
ナラのphysioの進み具合や、
オステオパシー(整骨医療)/osteopathieに行くことなどを話したら、
「ナラ子ちゃん、手がかかるな。」と言われた。

そうなん?

「あんたもA(弟)も勝手に何でもしてくれてたから、
こっちは何もせんでよかってん。
他に手のかかる人達(祖父母)がいたから、子供なりに察してたんか?」と。

哺乳瓶から一人で飲むことも、
仰向けから体を横に向け、起き上がることも、
お座りの状態からハイハイの姿勢にもって行くことも、
息子はまだ私達のヘルプがいる。

「そんなん、無意識にできるもんやと思ってた」と母。

そりゃ、私もそう思ってたよ、physioに行く前までは。
例えば、お座りから四つん這いの姿勢になるにしても、
その途中の動きを手取り足取り教えて、そして始めて、できる。

こんな風に書くと、すんごい重症?っぽく聞こえるかもしれないけど、
そんなことは全くない。
physioの先生にも言われたけど、
あとちょっと、ほんのもう少し、力がついたら自分でできるから。

アレルギーのことで、食事について悩んだこともあった。
今は肌の湿疹もほとんど治まって、肘の内側がちょっと赤いくらい。
夏のプールの塩素や太陽、汗が原因だったのか、
今となっては全く、何のせいであの湿疹が出来てたのか不明。

それが一段落したらphysio。
そういう経過を知っている母が、
自分の子育てと比べて「手がかかるな」と言ったのかな。
そりゃ、何もこちらがしなくてもハイハイしたり、
つかまり立ちしたり、哺乳瓶で一気に飲んだりする子もいるだろう。
そういう子に比べたら、あえて言うなら、「手がかかる」のかもしれない。
でも私自身、
母に言われるまで微塵たりとも、そう感じたことはなかったし、
これからも感じることはないと思う。

基準は人によって様々で、
それを苦痛と思うか、
楽観的に捉えて「ま、しゃーないか」と思えるか。

私の性格からすると、
悩むんだけど、最後は「何とかなるか」精神なので、いいかな。

動けるようになって、それに喜びを感じてるようだし、
1歳を過ぎてから、以前より断然進歩した。
砂場では他の子におもちゃを取られても物怖じせず、
取り返すようになったり、
いつも笑顔で、
時には梅干しみたいに、顔中しわくちゃにしたり、
眠くなると私にしがみついてきたりする、
こんなに愛らしい我が分身なんだ。

これからもずっと、二人三脚だよ。
posted by hummeli at 17:58 | Comment(8) | TrackBack(0) | 息子と私・育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オステオパシー

オステオパシーは
日本で私が通っているオステオパスからアドバイスをもらって
ナラを診てもらおうと行ってきた。

「ソフトなカイロプラクティック」と言うらしいけれど、
私はカイロの施術を受けたことがないので、よく分からん。
私のオステオパスの治療法からすると、痛くない
知らない間に眠ってしまうこともしばしば・苦笑

Yちゃんに教えてもらった診療所。
紹介してもらった先生とは別の女性だったけれど、
感じもすごく良くて、治療法も私のオステオパスと同じように見えた。
出産の経過、普段気になる点etcを問診で聞かれ、それから治療へ。
ナラ子も別に嫌がる様子もなかったし、
おもちゃ持参して行ったから、ぐずらなかったし。

スイスではオステオパシーを利用することは(子供、赤子も)、
さほど特別なことでもなさそう。
Yちゃんの隣人や、友人、
よくよく聞いてみるとbarbやzaraも息子達を連れて行ったらしい。
子供の場合、頭蓋骨を診るのが一般的?なのか、
私のオステオパスもそう言うし、彼女達も頭を診てもらったそう。

ナラ子も足から始まって、大腿部、腰、背中、首、頭と診てもらった。
気になる点を言われて、ふと思い当たる節もある。
日常生活のちょっとしたこと。
例えば、ご飯をあげる時、右側からあげているか、左側からか。
私はいつも右側からあげている。
それのせいでか、
左側へ首を曲げるのが、反対に比べるとやりにくそうだと。
前日にphysioの先生に言われたのと同じことをオステオパスに指摘された!
やりやすい方とそうでない方が大人でもあるけれど、
そのせいで体が歪んだりすると、身体全体に影響を及ぼすもんね。
(鞄をいつも右肩にかけるから、右が下がっている、とか。)

ずれていた部分を整えてもらって、
頭はあと何度か診てもらうことになった。
様子を見て次は2週間後。

良さそうな先生で良かった。
いざとなったら英語でもOKなところも心強いし手(チョキ)
治療は(ここの診療所の場合)、
1時間(問診含む、治療時間約45分)で100フラン。
私の加入している保険のタイプでは、
オステオパシはカバーされないので辛いところだけど、
そんなに頻繁に通うわけでもなければ、
数回の実費なら、まあいいかな。

ナラ子に必要なことだもん。
私達の出来ることは全てしてあげたい。
ロピも私も同じ気持ち。

途中のバスで、偶然にもphysioの先生と遭遇!
彼女もそこへオステオパシーを受けに行くことがあるそうで、
いい先生だと、太鼓判をもらった。
なんか、これだけで一安心。

はぁ〜。
一通り診てもらって、私の心も軽くなった。

今日は水曜日。
ナラ子はnonnaのところだし、映画でも見に行ってこよう!るんるん
posted by hummeli at 17:51 | Comment(2) | TrackBack(0) | 息子と私・育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月09日

どうしても

今日はお昼に和食が食べたくて、
ナラ子が朝寝している間に作りました。

jplunch.JPG

美味しい。
やはり白いご飯におかず、お味噌汁。

サバの塩焼きが食べたい。
サワラの照り焼きも。

魚に飢えてんな〜、私・苦笑
里帰り中のみなさま、しっかり魚食べてくるんだよー!!
posted by hummeli at 21:54 | Comment(2) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

3番目!

昨日ふと、このブログのアクセス解析を見てみた。
幸い、私が使っているSeesaa BLOGは解析機能がついているので簡単。

なんと、yahooとgoogleのサーチエンジンで
キーワードに「ベルン、スイス」と入力すると。。。。

上から3つ目にヒット!

これってすごいよひらめき
1つ目はスイス政府観光局、2つ目はwikipedia、
そして「心地よい場所 スイス・ベルンから」とこのブログ。

久しぶりにビックリした。
色んな人がサーチして、足を運んでくれてるおかげです。

上位3位に入ってるという結果を目の前にして、
これから街で日本人観光客を見る度に、
「もしかして私のブログを覗いたことがある人かも!?」
って思うかもしれません。

これを励みにレアなベルン情報載せてくぞーっ!
posted by hummeli at 17:40 | Comment(6) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月05日

スッキリ!

義理両親がナラ子をみてくれる水曜の午後、
約10ヶ月ぶりにカットに行って来ました!

DSC01583.JPG

本当は5月の里帰り中に行きたかったんだけど、
いつも切ってくれているYさん、辞めてた。。。。
やっぱり男の人だと、
どこかのお店でキャリアを積んだら自分の店を持ちたいんだね〜。
Yさんの前に切ってもらっていた人も、辞めて行ったし。。。
親しくしていた他の人も移動になっていたりで、
日にちもあまりなかったり、「ほな、もうええわ」と。

前回切ったのは、引っ越す前だったから
ナラ子がまだ3ヶ月くらいの頃かな?
カットしてくれたのは、Hänsel&Gretelのandrea。
今回も大満足で終了!ぴかぴか(新しい)
約1年ぶりなのに、髪も痛んでないし艶がある!と褒められたっ!手(チョキ)

何度か通って美容師ともコミュニケーションして、
向こうに私の髪の質や扱い方、切り方を分かってもらわないと、
なかなか自分の満足のいく髪型には仕上がらないよね。
特にアジア人、スイス人とは髪の毛が違うわけだから。
美容院ジプシーしても、美容師さんとそういった意味で合わないと
結局「気に入らへんかった〜、あかんわ。次探そう!」の繰り返し。
技術も全然違うし、ある程度納得(妥協?)できる人に出会うのは本当に大変。
長くなったらくくればいいか、と里帰りまでカットを待つのも分かるし。


肩より上、
顔回りにはちゃんと段を入れてもらってすっきり!
以前よりももっと、自分のして欲しかった髪型に近づいた。
拙いドイツ語で口で説明しても、イマイチ分かってもらえない。
彼女の持ってるヘアー雑誌から似ているのを選んで、
「これ!」と指差すのが早い・笑

日本ではレイヤーとかシャギーとかって言うけれど、
こっちじゃそういう髪にしてる人、あまり見ない。。。よね?
やはり国によってスタイルの好みも様々。

軽くする/leichter、
段を入れる/gestuft(stufen、段をつける)

このドイツ語を今回は習得!ペン

もう里帰りの度に美容室に行かなくってもいいや。ぴかぴか(新しい)
posted by hummeli at 17:41 | Comment(6) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする