2008年07月31日

もうすぐ建国記念日

先週末。

こないだ行った森へ出かけてみたら、
稲穂はすっかり刈り取られ、見晴らしがよくなっていました。

P1020306.JPG

リスも何匹か見かけました。
バンクーバーにいた頃にも見たことあったけど、
あの時は灰色のリスで、「うわ、可愛くないっ!」と
リスの印象は良くなかったけど、
今回見たのは小柄で赤いリス。
けっこう可愛かった。
そーっと近づいたら、木の上にすすっと登っていきました。

P1020315.JPG

あさって8/1はスイス建国記念日です。
皆さん、花火を見に行くのかな。
うちは明日、親戚一同でBielで花火かな?
posted by hummeli at 03:42 | Comment(8) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月30日

夕立のあと

昨日と同じく、4時頃からザーッときた夕立。
そのあと、太陽が出てきて、向かった先はプール。

DSC02738.JPG

みんな雨で退散したのか、ほぼ貸し切り状態のプール。
同じバギー3台集合。
finnとshaneも来てました。

DSC02737.JPG

昨日も今日もちょっと蒸し暑く、
やっぱり午後からは水の回りが気持ちいい。
たくさん遊ぶと、夜もすっと寝てくれるしプールは欠かせません・笑
明日は夕立こないかな〜?
posted by hummeli at 03:37 | Comment(4) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月26日

ようやく。。。

雨が多かった先週。

gytzとaliceのhousewarmingpartyの後、みんなでMarziliへ。
雨も上がって蒸し暑くなってきたけど、人はほぼいない。
貸し切り状態のMarziliのプールで、楽しく過ごしました。
もちろん夕ご飯もbadで。

P1020182.JPG

雨が降らないといえ、肌寒い今週。
プールにも行けず、森へ散歩。

P1020231.JPG

中に入るにつれ、ひんやりと薄暗い森。
犬の散歩をしている人もいず、時折誰かが自転車で走り抜けていきます。
誰か、ついてきてへんかな?と、
ちょっと怖くなったりもしました。

稲穂は、ナラ子の背よりも高くなってました。
空も青く、高く突き抜けるようで、すっかり秋空!?

P1020221.JPG

ひまわりって、こんなでしたっけ?

P1020225.JPG

そして金曜日。

DSC02735.JPG

久々の夏日和。
といっても微妙なんだけど、25度。
プールへ行ってきました。
日陰に入ると涼しく、太陽の下にいるとジリジリ痛い。
日本とは違う、スイスの夏です。

もうちょっと、続いてね。
posted by hummeli at 18:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月19日

夏のパスタ その2

これもバンビ〜ノ♪のレシピから。

P1020113.JPG

*ホタテとエビのポルペッテ 2人分*
ホタテ  200g
エビ   200g
キャベツ 小1/2(オリジナルはブロッコリーでした)
小麦粉  少量
にんにく 1片
唐辛子  1本
パセリ  適量(オリジナルにはありません)

(1)ホタテとエビはみじん切りにし、パセリ、塩こしょうを加えて混ぜ合わせ、
   団子を作る。
(2)小麦粉をまぶし、油で軽く揚げる。
(3)オリーブオイル、にんにく、唐辛子を火にかけ、香りが出たら
   キャベツを炒め、油が回ったら塩こしょう、パスタのゆで汁50cc程加え、
   蒸し煮にする。
(4)パスタと揚げ団子を入れて軽く合わせる。

お肉の団子は普通にあるけど、
エビとホタテっていうのは初めてひらめき
この食感、久しぶり・笑

うん、美味しかった。
posted by hummeli at 04:22 | Comment(4) | TrackBack(0) | 食・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

夏のパスタ

バンビ〜ノ♪(日本のTVドラマ)を見てました、つい最近まで。
その中に登場するパスタ、美味しそうだったのでちょっと手を加えてみました。

大正解手(チョキ)

P1020112.JPG

*夏野菜とあさりのパスタ 白ごま風味 2人分*
あさり   200g
季節の野菜 適量(アスパラ、カリフラワー、そら豆)
  オリジナルはこうでしたが、なかったので、スナップえんどうとパプリカで
にんにく  1片(つぶす)
とうがらし 1つ(種を取り除いて)
水     50cc(私は白ワインにしてみました)

(1)オリーブオイル、ニンニク、唐辛子を合わせ、香りがしたらアサリを入れ、
   さっと炒めて水を加えて蓋をする。
(2)貝が開いてきたら、野菜を入れ5分程蒸す。
(3)パスタのゆで汁適量とパスタを(2)に混ぜ、塩こしょう。
(4)皿に盛り、白ごまをふって完成。

お野菜の歯ごたえを残したければ、〜5分ほど、
柔らかめにしたければ7分ほど蒸します。

スナップえんどうの歯ごたえと、
パプリカの色がとても綺麗なパスタになりました。

ロピにも好評手(チョキ)
あさりも半日程砂を吐かせておいて、野菜も下準備さえしておけば
後は合わせるだけだし、あっという間にできちゃいます。
にんにくの香りの中に、ピリリと唐辛子が効いて、うまかーぴかぴか(新しい)
posted by hummeli at 04:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月16日

22ヶ月

久しぶりにzeraとbarbのガーデンへ。
日陰のないガーデンの日射しはきつく、お兄ちゃん二人は水遊び。

P1020063.JPG

おいでよ?って誘ってくれてるのかな?
入りたいな〜、でもな〜と躊躇している。。。のかな?
このあと裸にして入れてみたけど、泣いてしまって却下。
いつも、ワイルドな2人の勢いに圧倒される我が息子。
このころの1年の違いって、大きいもんね。
2人について行くこともなく、この後は砂場でご機嫌。
いつも我が道行ってます。

P1020055.JPG

息子も今月で1歳10ヶ月。
あと2ヶ月で2歳になるなんて、なんと月日が経つのは早いことか。
発する言葉も日に日に増え、毎日何か新しい言葉を発してくれます。
もちろん日本語が9割だけど、merciやautoも言えますよ。

そして、ナラ子を魅了して止まないのが新幹線。新幹線
母が以前くれた本の1ページに新幹線が載っていて、
ある時を境に「かんせん、かんせんぴかぴか(新しい)」とお熱です。
のぞみとひかりレールスターがお気に入りです・笑
毎朝、彼と新幹線の動画を見るのが朝の日課になりました。

P1020076.JPG

おもちゃもまだ取られてしまうし、
お兄ちゃん達の愛情表現(抱きつかれたり、チュってされたり、手を取られたり)に
戸惑って泣いたり、
まだまだ「よわっちいな〜」と思ってしまう所もあるけど、
これもまた個性。
そうやって子供は子供なりに、
言葉が少ない分、全身で理解して表現していくんだろうね。

何にしても慎重で、自分で納得しないとしないタイプ。
一度集中すると、ずっと黙々と同じことをしているタイプ。
タイヤと新幹線に叶う物は今のところありません・笑

P1020077.JPG

いつも心に寄り添って、
たくさん愛情を示して、
子供だけど人間だから、言わなくちゃ分からない訳で、
でも今はそんなに言葉も理解できないから、
表情や声で「ママはこう思ってるんだよ」って伝えていきたいな。

家族を持って、
食事のことも家族の健康のことも、
以前より考えるようになって、
笑顔が1番、素直が2番だな、と再確認。

もうすぐ私もママ2年生。
posted by hummeli at 22:07 | Comment(4) | TrackBack(0) | 息子と私・育児 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Zermatt -sunnegga paradise/スネガ-

ついた日は、電車に乗っているうちから雨。
山の天気は変わりやすいと言うけれど、山に着く前から天気悪い。

P1010914.JPG

翌日の午前中、
雨が降ったり止んだり、
陽がさしたと思ったら霧がかかってきたりする天気の中、
「せっかく来たのに山へ行かないなんてもったいない!」と

こちらの天気、雲はsunneggaの方からmatterhornの方へ流れるようです。
(zermattで入手できる簡単な地図でいうと、左から右へ)
「マッターホルンが見えなくても、sunneggaなら晴れてるかも?」
という友達のアドバイスのもと、sunneggaへ。

こんな急勾配なトンネルの中を走ること約5分。
けっこうなスピードです、これ。。。

P1010909.JPG
 
着いた先は霧に囲まれたハイジの世界。
けっこうな早さで流れる霧の隙間から見え隠れする高山植物!?

P1010872.JPG

P1010889.JPG
 君にはもうちょっと無理だね〜

標高2288mのところに公園が!
もちろん遊んだのは言う間でもありません。(もちろん私が)
湖の回りにも滑り台なんかの遊具がちらほらあって、
なんだか面白い光景でした。
夏だったら、滑り台から湖へダイブ!なんてできちゃうかも!?

P1010877.JPG
 
P1010895.JPG

駅のレストランでは、
マッターホルンの姿を見ようと、霧が晴れるのを待っている日本人のチーム。
すっかり覆われています。
これはこれで、雄大。

P1010903.JPG
 
P1010906.JPG
 ぽっかりあいた青空が北海道みたい


全行程、バギーでも大丈夫でした。
ただsunneggaは道が整備されているわけではないので、
ラクラクとは行きませんでしたが、うちのbugaboo大活躍でした。
こういう時は、本当に助かります!
gornergratは鉄道も優先して乗せてくれるし、
上についてもちゃんと舗装してあるしリフトもあるので問題なし。

次回は、もっと歩きたいぞー!

ひらめき鉄道代、やはりかかります。。。
 ゴルナーグラード鉄道はスイスパスだと割引になるようです。
 日本から来られるなら、色々調べておいた方が賢明ですね。
posted by hummeli at 04:29 | Comment(4) | TrackBack(0) | ベルン市外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Zermatt -gornergrat/ゴルナーグラード-

gornergratbahn/ゴルナーグラード鉄道からの雄大な眺め。

P1010946.JPG

今まで上の部分だけしか見たことなかったけど、
裾野の方まで広がっていて、緑の部分もあるんですね。
山というより、大きな岩が長い年月をかけて削られたような感じ。
三角錐みたいな形。
やはり本物を目の前にすると、自然のすごさを実感させられます。

P1010948.JPG
 rotenboden駅は日本人の団体でいっぱい!

P1010986.JPG
 僕たちと一緒に写真撮りませんか〜?(すんごいだるそう・苦笑)

お土産物屋さんで働いている友達に誘われて、
初zermattだった今回。
京都の人が清水さんに行ったことがあるかって言うと、
案外なかったりするのと同じかもね。
スイスに住んでいても有名な観光地へ行ったことがあるかって言うと、
ない人もけっこういるってこと。

P1010938.JPG

彼女のアパートのバルコニーから眺める山。
夕日が反射してピンクに染められるマッターホルン。
いつまで見ていても飽きないその姿。
空気が澄んでいて、すごく近くに見えました。

街は観光のメッカだけあり、たくさんの日本人。
そこらじゅうで母国語が聞こえてきます。
外国じゃない感じ・笑
新婚旅行の友達曰く、「グリンデルワルドの方が凄かったよ」って。
ここはまだ行ったことないけど、
息子がしっかり歩けるようになったらハイキングしに行きたいなー。

今回も歩いて降りている人もたくさんいたけど、
バギー+1歳児を連れて降りるのはまだまだ無理だし危ない。
渋々諦めて鉄道で降りたけれど、
ベルンから2時間ちょいで行けるんだから近いぞっ!
いつでも行けるチャンスはあるよね。


*行き方(約2時間)
BHからICに乗り、visp乗り換えでzermattへ。
posted by hummeli at 04:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルン市外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月10日

初ツェルマットへ

夏の間働いている友達に毎年誘われつつ、
なかなか行けなかったzermatt。

P1010940.JPG

今年は2部屋あるから泊まっていいよ、と言ってくれて
ナラ子もだいぶ大きくなったし、
トンネルのおかげでベルンから片道2時間で行けるようになったので、
行ってきました。

以前の職場で一緒だった友達が新婚旅行でスイスを回るとのことで、
ツェルマットで待ち合わせ。
日本の雑誌と美味しいお菓子を頂きました。ありがとう!
2月にも会ったけど、なんか痩せた気がしたな〜。
ハードスケジュールで回ってるからかな?

L1030325.JPG
 標高2288mのsunnegga paradise

山というより、大きな岩の塊のようなマッターホルン。
いくら眺めていても飽きません。
その美しい姿はまた次回。
posted by hummeli at 03:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | ベルン市外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月09日

Thai Food Festival

今年は今月の12,13日に行われるようです。

こちらには是非顔出そうかなと思ってます。
ロピも日本人会バザーよりこっちの方に行きたいみたいだし・笑
詳しい場所や行き方は
こちらを参考にして下さい。
お昼頃開始かな?
posted by hummeli at 04:40 | Comment(4) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする