2009年07月31日

nooch/アジア料理

Fribourgから遊びにきたブロカント好きのお友達とランチ。

P1080855.JPG

息子のリクエストで、白いごはんが食べられるところ・笑
となると、自動的にアジア系レストランになり選択肢は多くありません。
一度、彼が友達と行ってお寿司はまあまあだったというnoochへ。

P1080846.JPG

店内は思ったより広く、
ソファー席やテーブル席、中庭のテラス席と座席数もかなり多め。
外観から想像するより、落ち着いた感じの店内。
夏場のランチ時なので、みんな外にテラスがある店に行くからか、
店内は私たちと他に2、3組のお客さんだけで、ほぼ貸し切り状態でした。
おかげで、ナラ子は飛んだり跳ねたり、ちょっと走り回ったり。。。
(子供用の椅子もありましたー!)

P1080856.JPG

「麺と寿司」って謳っているので、日本食(アジア)系でしょうか。
メニューにはラーメンにお寿司、お昼にはお弁当がありました。
あ、餃子なんかもありました。

私はジャスミンライスと牛肉と野菜炒めを。

P1080844.JPG

友達はジャスミンライスとチキンの甘辛ソース、
もう一人は「挑戦!」と言ってラーメンを。
スープがだしと味噌から選べて、彼女は味噌を選択。
「だし」って、塩味?醤油味?

結果からいきますと、
チャンポンのような太麺に、
厚揚げ、しいたけ、めんまetcが乗っていて、見た目はラーメン。
ま、具材のチョイスは入手困難なものもあるだろうからOKとして。。。
味噌ラーメンなのに、みそ汁ラーメンって。。。苦笑

P1080849.JPG

彼女はちょっと調子が悪くて、つるっと食べやすい麺類を選んだんだろうけど、
きっと次回は頼まないと思う。。。よね?苦笑

私が頼んだのは、けっこうイケる味だなーと。
ナラ子もたくさん食べてたし、牛肉がすごーく柔らかくて感動!
こんなに柔らかい牛肉、スイスで食べたの初めてかもってくらい。
味付けも家でできそうな感じ。

チキンの甘辛ソース(エビチリ風のソース)も、
まあまあ美味しかったです。
でもどうして胸肉なんだろうねー、スイスは。
アジア人はもも肉のぷりっとしたところが好きだけど、こっちの人は胸肉派多し。
あれで、もも肉だったらもっと美味しいと思う。

P1080851.JPG

日替わりメニューも3種類の中から選べて、カレーや単品のお寿司もありました。
シェフの方々は日本人ではありませんねー。
だったら、あの”みそ汁”ラーメンは商品化されないだろうから。。。

アジア料理目当てで行くなら、いいかもしれません。
日曜でも開いてるという点ではポイント高し。
私的には、水曜日の日替わりで気になるのがあったのでもう一度行きたいかな。


nooch - noodles und sushi
Aarbergergasse 52
Tel : 031 311 94 94
http://www.nooch.ch

*営業時間
月〜水 11.00〜23.00
木〜土 11.00〜24.00
日   16.00〜23.00

posted by hummeli at 20:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン・カフェetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月30日

ひとりごはん

息子が義理両親のところへ行った今日。
昨日の残りでさくっと昼ご飯。

「手、洗っておいでやー」「座った?」「口の中の、飲み込んでから喋り」
と、いつも言ってる台詞はなし!
薄曇りの天気だけど、ボッサなんて聞きながら、いただきます。

P1080840.JPG


お昼ご飯のあとには、ゆっくりコーヒーを楽しむ余裕も。
ぐふふ。
お気に入りのカップで、カフェ風に小さなチョコレートを添えて。

P1080841.JPG

写真のトレーは、
結婚記念日も第一子の誕生日も近い友達のSちゃんと、
子抜きIKEAツアーでゲットした、鳥モチーフのもの。
トレーっていくつあっても使えるし、ついつい集めてしまいます。
posted by hummeli at 21:17 | Comment(3) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

愛用の品 -食品編・2-

もう数年前にzeraの家でハマって以来、ずっとコレ。
我が家の定番蜂蜜です。

P1080835.JPG

ローズマリーの蜂蜜が好きです。
黄金色というイメージの蜂蜜だけど、密によっては白っぽいんですね。
ラベンダー、レモンと試して今回はアルプスローズ。

さらっとした感じじゃなく、糖分がざらっとした感じ。
バラの香りもほんのりして、朝からいい気分。
優しい味で、私も彼も、そして息子も大好き。
ミツバチの絵が描かれたフタも可愛く、
なくなってからは保存容器として大活躍。

もうこのメーカーの蜂蜜しか買えません!
vatter、egli等のbioショップで購入できます。
posted by hummeli at 21:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | 食・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

メープルシロップのドレッシング

個別にメッセージをくれた友達もいて、
みんな興味津々だったこのドレッシング。

オリジナルレシピはGwyneth PartlowのGOOPから。
私、彼女のメルマガを取っていて、彼女の生活スタイルやティップが伺えます。
彼女のことは前から好きで、女優としても、
結婚して母親になってからも、気になる女性です。

そしてこのドレッシング。
私は、彼女のレシピを参考に、目分量と自分の舌で作ります・笑

P1080839.JPG

*メープルシロップとマスタードのドレッシング (2人分)

メープルシロップ  大さじ2
粒マスタード    大さじ1
バルサミコ酢(白) 大さじ1
オリーブオイル   大さじ2
塩、こしょう    適量


全部ボールに入れてぐるぐる混ぜるだけ。
オリジナルレシピにはエシャロットが入ってますが、それは省略・笑
シャンパンビネガーなんていうのもありません。
私は、家にあるものだけ。
これでもかなり美味しいので、いつものサラダの倍は食べれちゃいます♪
クルミや松の実を入れても美味しいかも〜?

ドレッシングはサラダの上にかけてしまうと、
彩りもイマイチ、葉もくたっとしてしまうので、
ボールに作って、その上にサラダをのせ、食べる時に混ぜる。
こうすると、いい感じです。

ぜひ、お試しくだされ。
posted by hummeli at 20:50 | Comment(4) | TrackBack(0) | 食・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月29日

ハマっているドレッシング

サラダを美味しく食べるには、
おいしい野菜も大事だけれど、やっぱりドレッシングが決め手。

P1080799.JPG

我が家が今、ハマっているのがメープルシロップとマスタードのドレッシング。
もうね、めちゃめちゃ美味いっ!!!
メープルシロップがほんのり甘くて、マスタードのピリリ感と相成って最高!
このところ、毎日コレ。
このドレッシングが食べたくて、サラダ作ってる感じ。
ささっと作れるし、ドレッシングがあまり好きじゃない彼にも大好評。
残ったらパンにつけて、最後の一滴まで残しません・笑

はちみつでも代用できると思うけど、
でもやっぱりあの味は、メープルシロップじゃないと出ないと思う。

写真は、グリーンサラダにマスの薫製フィレをのせた昨日のサラダ。
あー、またサラダ(ドレッシング)食べたいっ!!
posted by hummeli at 05:04 | Comment(6) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月22日

ズッキーニのサラダ、ミント風味

ずっと挑戦したいなーと思っていたコレ。
頂き物の、でーっかいズッキーニを消費すべく作りました。

P1080627.JPG

栗原はるみさんのレシピです。
お醤油を入れるのがポイント、と書いてあったけどまさにその通り!

ズッキーニの水分で、マリネ液?が水っぽくなってるけど、
ほんのり醤油が香って、いい感じ。
お酢も入ってるので夏向きだし、マリネより軽い感じです。
火を通したものしか食べたことなかったけど、
生のズッキーニのコリコリっとした食感。

私、好きかも。
posted by hummeli at 21:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 食・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

エビとブロッコリーのオレキエッテ

変わりやすい天気のこの頃。
なんですか、これ?
2、3日夏日が続いたかと思えば今日はまた朝から雷と雨。。。
昨日、おとといとプール行っといてよかった〜。

気力が天候に左右されてしまう最近、
簡単にささっとできる麺類が続いている我が家です。
久々に食べたくなったブロッコリーにエビを入れて作りました。

P1080617.JPG

とろみを出すのに、豆乳を入れたらいい感じ。
ブロッコリーも1株、ペロっと食べられます。
レシピになかった、ドライトマトが味を引き締めてこれまたいい感じ。
細かく切ったけど、息子には受け入れられず。
次回はもーーーっとみじん切りにしようと思います。

*ブロッコリーとエビのオレキエッテ 2人分*
ブロッコリー    1株(一口大に切る)
豆乳(牛乳)    大さじ1〜3(とろみ具合で調節)
エビ        6尾(下処理し、背開き)
A:にんにく      1片(薄切り)
  ドライトマト    4枚(細切り)
  アンチョビペースト 小さじ1
  オリーブオイル   大さじ4
  鷹の爪       1本(タネと取り除き、輪切り。2歳児の為に私は省略)


(1)ブロッコリーとオレキエッテを一緒に茹でる。
(2)鍋にAを入れ弱火にかけ、匂いが出たらエビを加え、両面焼く。
   エビに火が通ったら、ブロッコリーを加え、つぶしながら混ぜる。
(3)ほぼペースト状(つぶし具合は好みで)になったら豆乳を加え、
   とろっとしたら火を止める。
(4)(3)に茹であがったパスタを手早くからめ、お皿に盛って出来上がり。


アンチョビペーストとドライトマトで塩気は十分です。
物足りないと思ったら塩こしょう、
とろみ具合がイマイチなら、パスタの茹で汁で調整可能して下さい。

くたくたのブロッコリーにしっかり味がしみて
エビもプリプリで、美味しゅうございました。
posted by hummeli at 21:18 | Comment(4) | TrackBack(0) | 食・レシピ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

プールに行っておかねば

ホント、太陽がカンカン照りの日はプールに行っておかなければ、
次、いつプールへ行けるほど暑くなるのか分かりません。
あっつい日にアーレで川流れしといてよかった!

P1080611.JPG

もー、変な夏!
写真は、おととい。空も高く真っ青で、まさに夏日よりでした。
観光シーズン真っ盛り。
街へ出れば、
ガイドブックやカメラを首から下げ、リュック姿の人を多く見かけます。
半袖に、寒さ対策用の長袖やウィンドブレーカー、折り畳み傘など、
本来の夏だったら、いらないような物まで持ってくる羽目になって、
「荷物、多いやろな〜」と勝手に思っています。


人のサングラスを奪い、ご機嫌な息子の図。

P1080624.JPG

もう10年以上も前にハワイで購入したでっかいサングラス。
(高校生だったくせに、こんなの買って当時どうするつもりやったんやろ。。。)
今になって大活躍!
日本じゃ、何となく気が引けてかけずらかったけど、
日差しの強いこっちじゃ、そんなこと言ってられず。
日本で使っていたサングラスじゃ、上から日が入ってきてサングラスの役目ゼロ。
でっかいレンズで、ガバッと日差しをカバー。
もうこれなしで、ベルンの夏は過ごせません。

posted by hummeli at 14:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月12日

Blausee/ブラウゼー

昨日は私の誕生日。
サプライズのプチ遠足を彼が計画してくれ、向かった先はここでした。

P1080295.JPG

このロゴ、どこかで見たことあると思ったら、
最寄り駅のホームに、でかでかと看板がありました。

駅からバスに乗り、10分ほど走ると到着。
入場料を払うと、目の前に広がる森へ続く道。

P1080301.JPG

案内に添って数分歩くと、見えてきました青い湖!

P1080319.JPG

ニジマスやカワマスのBIO養殖場でもあります。
名前の通りBlausee/青い湖があり、その中を優雅に泳ぎ回るマス達。
(光ってしまって、魚が全然見えませんね。。。苦笑)

P1080374.JPG

そして周りには、散歩できる小道があり、反対側にはゴウゴウと流れる川。

P1080339.JPG

レストランのメインは、やはりマス。
スモークしてあったり、グリルだったり、スモークしたものを焼いたりと、
身も柔らかくて、分厚いし、今まで食べたことのないようなものもありました。
前菜で頼んだ、「マスのファンタジー」。

P1080323.JPG

スモークしたものはもちろん、舌触りの滑らかなムースもあり、
ちょっと荒めのテリーヌもあり、色々な調理法で楽しめました。
美味しかったフェンネルとリンゴの薄切りサラダ、家で挑戦してみよう!

サーモンのように身の赤い、Lachsforelle。
皮もパリッと焼いてあり、身もジューシーで大満足。
グリルしてある野菜は、甘みもしっかりあって、
タリアテッレとソースの相性も抜群。
多くなく、少なくなく、量も適量でした。
このソース、濃厚で、でもしつこくなくて美味しかった〜。

P1080324.JPG

湖の反対側から臨んだレストラン。

P1080352.JPG

子供椅子も完備、キッズメニューもあります。
待ち時間には、お絵描きグッズも貸してくれ、サービスも早くて好印象。
スイスのホテルは、ドイツ人の人が多く働いている傾向なのか、
ここも同じようで、食事の時もコーヒーを飲んだ時も、
サービスしてくれた女性はドイツ人でした。

P1080380.JPG

食後は、湖の周りを散歩。
グリルスタンドがいくつもあり、家族連れがソーセージを焼いてました。
もちろん、子連れ大歓迎の場所なので、遊び場も確保してあります。

P1080348.JPG

滑り台はもちろん、ぐるぐる回るブランコや、定番の木のお家、
水の中へ滑る、滑り台なんかもありました。
あいにくのお天気で、雲ばかり。
肌寒かったので誰も水中へは滑ってませんでしたが。。。

奥の方へ足を踏み入れると、
もう湖の側とは思えないような森が広がっていました。

P1080366.JPG

大きな岩という岩には、緑のこけがびっしり生え、
木はそこらじゅうに根を張り巡らし、
岩と岩が重なって自然にできた、小さな洞穴には水が溢れ、
道ではないところは、落ち葉で埋め尽くされ、
上を見上げれば、少し顔を出してきた太陽の光が差し、
自分をちっぽけに感じて、ゲーム「ワンダと虚像」の世界のようでした。

P1080381.JPG

このところ続いている生憎のお天気で、肌寒かったけれど、
そのおかげか、あまり人も多くなく、のんびり楽しめました。
青い湖も、ゴウゴウと流れる川も、森も、
カナダを思い起こさせる景色で、当時を懐かしむこともできました。
スイスとカナダ。
よく似ているな、と思います。

P1080379.JPG

おじさんの解説を聞きながら、船で湖をぐるっと回れます。
デンマークのアンデルセンの人魚のような銅像が沈んでいました。
恋人をなくした女性が泣き続けたその涙でできたという由来のこの湖。
(じゃ、なんでそこに魚が住んでんだ!?と突っ込みたくなる関西人の私)

息子も、バギーなしでよく歩きました。
心もお腹も満たされた一日でした。
(「手、つなぐのー!」と四六時中べったりな誰かさんを覗いて・苦笑)
ロピちゃん、素敵なサプライズをありがとう。


*行き方
BHからICに乗り、Spiez乗り換えでKandersteg下車。(時間帯により直通あり)
バス230番/Frutigen Bahnhof行きでBlausee下車、徒歩1分。

posted by hummeli at 14:23 | Comment(8) | TrackBack(0) | ベルン市外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

オーガニックコスメ X ナノテクノロジー

今日coopcityへ行ったら、こんな画期的なシリーズを発見!

Nature works. More deeply than ever.
P1080255.JPG

Dr.schellerというドイツの会社から、
BDIHを取得してナノテクノロジーを使った化粧品が新しく出たとのこと。
早速、パンフレットもらってきました。

P1080256.JPG

ナノテクノロジーを使い、成分粒子を細かくして、
美容成分が皮膚の奥まで浸透しやすくなるようにするんですが、
オーガニックコスメでも、このナノテクを使った化粧品がありました。
ナノテク化粧品の賛否両論はありますが、
BDIHを取っているコスメのナノ商品、ということで気になってます。

化粧落としから化粧水、クリームに美容液と一通りそろっています。
ビジュアル面では、茶色の遮光性瓶にシンプルな装飾で好感が持てます。
環境保護にも力を入れていることが、パッケージからも伝わってきます。
(店頭に並んでいた商品、ほとんど箱に入っていませんでした。)

P1080257.JPG

4週間で、20人中33%の女性がしわが目立たなくなった、とか
53%の女性が肌に弾力性が出てきた、という結果も書いてあり、
使いたくなる気持ちをそそられます。

今使っているクリームがなくなったら、トライしてみようかと思います。
で、前回。
こちらで、使ってみようかな〜と言っていたMADARA。
今、ここのボディークリームを使っています。

成分等は事前にチェックし、
シンプルなパッケージデザインに魅かれて買ったものの、
カモミールだか海草類の匂いだか、ぜんぜんいい香りがしない。
(よく考えれば、カモミールはハーブティーでも精油でも苦手だった。。。)
その上、アルコール臭も鼻について、
お風呂上がりに塗ってるのにリラックスしない。
テクスチャーはしっとりしたクリーム状なんだけど、イマイチ伸びも悪いし、
エアポンプ型なので、片手でシュっと出しづらい。
中身を清潔に保つ、という意味ではいいけれど、私にはちょっと使いにくい。
いつも椅子の上に置いて、右手でポンプをぐっと押し、左手に取って塗ってます。
リピートはしないでしょう。

早くなくなることを祈りつつ、
ロクシタンのバーベナシリーズと交互に使っています・苦笑
posted by hummeli at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | アロマ・BIO・ホメオパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

豪雨のち曇り、寒。

あじさいが目を楽しませてくれる道々。

DSC03205.JPG

日本ではあじさいは6月に咲くもんだ、と思ってましたが、
こちらはやはり緯度の違いもあってか、ちょい遅めの今頃。
そして、8月〜9月頃まで咲いてます。。。
ぜんぜん、季節感ないです。

DSC03206.JPG 
 (携帯で撮ったので画像悪し)

アルカリ性の土では赤い色、酸性の土では青い色が咲く。
そのはずなのに、
こちらではこんなに色が混じって一緒に仲良く咲いています。
土の種類を変えて寄せ植えみたいにしているのかな〜?
華やかでいいです。

DSC03200.JPG

DSC03198.JPG

あじさいの話はさておき、タイトル通り。
寒いっす、ベルン。。。
雨期か!?ってくらい、
前が白くて見えないくらいざーーと激しく降ったかと思えば、
さくっと止んで、太陽がちらほら。
で、安心しているとまたザーーー。
うっかり窓を明けっ放しにしていたり、閉め忘れた日には、
窓から吹き込む雨で床はびちゃびちゃ。。。
既に経験済みです・苦笑

空も灰色が多く、青い空にはなかなかお目にかかれません。
したがって、太陽も。
長袖、ジャケット着用です。

以前はこういう不安定な天気は4、5月頃だったのに、
今頃こんなコロコロ変わる天気になってもらったら、困る。
ただでさえ短いスイスの夏、あっちゅうまに秋やんっ!


もっとプールに行きたい。。。(by 息子)
posted by hummeli at 20:09 | Comment(6) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月03日

夏日と近況

ここ毎日、これまでの肌寒かった天気とがらっとかわり、
毎日30度超え、猛暑、道を歩けば陽に焼かれ、
グリルのソーセージの気持ちがわかるような、7月のスタート。

P1080105.JPG

今日は風もあり、太陽の日差しもマシで涼しく過ごしやすい。
水曜日、今年初のアーレ流れをしました。
水温は18度ほどでしたが、照りつける日差しには負けます。
入道雲すら、見えるベルンです。

息子は先月から保育園Kitaがスタート、
新しい環境と人との関わりが始まりました。
毎朝、別れの時は大泣きですが、それでも自分なりに過ごしているようです。
朝、8時半に連れて行き、迎えの4時半までの間、
おやつ、昼食を食べ、昼寝もする。
昼寝はしないだろうと思っていたけど、
最初の2日を除き、なんとか?コトッと?寝てるようです。
そりゃ、毎日ワイルドな子供達に囲まれ、ベルンドイツ語が行き交う中にいれば、
肉体的にはそんなにでも、精神的に疲れるでしょう。
近場にもたくさん公園がある、恵まれた環境にある息子の通うkita。
昨日は、近くの学校?の遊び場でランチ〜昼寝〜おやつ、まで過ごしたそうです。
「そよ風に吹かれながら、木陰でみんな昼寝したのよ〜」と先生。
我が息子も、寝たそうです!(これにはビックリ)

P1080054.JPG

そんな息子。
ママにべったりです。
どこに行くでも手を繋ぎ、寝入る時も手がいるように。
「抱っこ」と言う回数も増え、金魚のフンみたいについてきます。
その一方、kitaで回りの子供がしているのを見、聞き、体験し、
自分でやりたがったり、私が手伝うと怒ったり、
1人でできるようになったことが増えました。
そして、それを私や彼に見せた時の、あの満足そうな顔。

荒波に2日間揉まれている息子だもの、
私にべったりでもいいか、
家事をちょっとさぼって彼とのんびりしてもいいか、
少しの間、1人で寝れなくたって手を繋いであげればいいか、
「ママー」って呼べば、抱きしめてあげればいいか、
彼が安心できるなら、それでいいか、と思っている毎日です。

笑顔でバイバイができるまで、まだ時間はかかると思うけど、
のんびりつき合おう、と決めた私と彼です。


ノンナが大好きになり(以前はノンノ寄りだった!?)、
義理両親宅へ行くのを楽しみにする息子、
義理の妹が好きで、彼女の旦那にヤキモチを焼かせる息子、
社交性が出てきたのも、kitaのおかげかな。

DSC03186.JPG

さ、今日も迎えに行ったらその足でプールだ。
posted by hummeli at 20:12 | Comment(6) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする