2010年01月21日

大寒

1月20日は二十四節季のひとつで、大寒。
1年で最も寒い日だそう。

ベルンの雪も日に日に溶け始め、そり滑りで大活躍した原っぱはすっかり緑。
道ばたに寄せられた雪は、シャリシャリ。
水たまりの水は溶けたり、凍ったりを繰り返しています。
やっぱり大寒なのかな〜、昼過ぎには雪がちらほら。

え、また寒が戻った。。。?

P1120087.JPG

昨日は、母が送ってくれた蓮根でハンバーグ。
刷りおろしたらモッチモチになるので、おからと混ぜてふわふわバーグに。
みじん切りにした野菜も隠れんぼ、息子の反応二重マル!(よっしゃー!)

いんげんは普通にゴマ和えにするのは飽きたなーと思い、
粒マスタードと醤油で和えたら、ピリリと辛くてイケる。
彼に大好評。

ワンプレートに盛ると、ご飯も食べ過ぎなくて良し。

根菜類が恋しいこのごろ。
甘いお大根、食べたいなー。
posted by hummeli at 00:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月13日

Leuk/ロイク -leukerbad続き-

TGVが止まる、小さなこじんまりとした街。
バスでくねくねとした山道を30分少し揺られるとLeukerbadに到着です。


ラクレットの本場wallisですから、ラクレットを食べずに何を食べる!
私も彼も大好きなので、夜は迷わずラクレット。

P1110768.JPG

もう、チーズが違う!
色も濃いし、漂ってくる匂いも、今まで食べてたのとぜーんぜん違う!
最高に美味しーーーーいっ!
口に運ぶと、その一口がじわ〜んと広がって、濃厚だけどしつこくない。
ポテトがなくても、チーズだけで食べれそうな気も。
お昼に勢いで完食したピザをかなり後悔。
明日死ぬかもしれないんから、やはり食べておこうか、と悩んだけど無理でした。
ポテトも甘くて美味しくて、
ピクルスはシンプルにきゅうりとタマネギだけだったけど、
チーズがもう、格別に美味しい!
今まではカット済みパック入りのチーズを買っていたけど、
今度からはチーズ屋で買おうと誓った私達でした。
あ〜ん、また食べたい!!

ラクレットを堪能した翌日、ホテル付近を散歩。

P1110796.JPG

wallis地方独特の景色や家並み。
ベルンや街の景色に慣れている私からすると、変な景色でした・笑
突然平地が山になったり、道を1本隔てると森みたいになっていたり。
大きな川かと思ったら、水が涸れている昔川だったところだったり。
石を重ねた屋根や、家を支える支柱の一番下が石だったり。
家の造りも古いものが多く、イタリアっぽいなーと思いました。
こんなモダンな素敵なおうちもありました。

P1110773.JPG

街の下調べもせずに歩き回っていましたが、
目についた建物が全部名所だったりしました。
小さな街だし、特徴がある建物はやはり目立ちます。

屋根の両端がギザギザの階段状になっているRathaus/市役所。

P1110792.JPG

街の人が「レモン絞り」と呼んでいる、Bischofschloss/お城。
レモン絞りの部分は明かり用窓らしく、スイスの建築家Mario Bottaによるもの。

P1110782.JPG

これはかなり目立ちます。
でも、突出している感じではなく案外馴染んでいると思いませんか?

P1110794.JPG


かなり寒かったので、40分ほど歩いて終了。
街もそれくらいでくるっと一回りできました。
こじんまりと古くて可愛い街なので、夏にもう一度来たいなーと思いました。

伝統的な温泉も、高級ホテルのスパセンターや私達が行ったBurgerbadなど、
山々の景色を見ながら楽しめる屋外プールが人気なようです。
ケーブルカーもあり、夏にはハイキングでも楽しめるみたいなので、
次回は夏にハイキングとラクレットをもう一度!と思っています。
posted by hummeli at 06:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | ベルン市外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Leukerbad/温泉地

元旦から我が家が向かった先は、wallisにあるLeukerbad/ロイカーバード。
そこのBurgerbadへ行ってきました。(他にもいくつかあります)

P1110760.JPG

日本で言う温泉ですが、プール感覚ですね。
なので、もちろん水着着用、男女混合。
しかもここは滑り台がついてます!
駅からここへ向かう雪景色の中、突如現れる3色の滑り台!!もうそれだけで興奮!

P1110759.JPG

入口からは、下にあるプール(もうプールと言い切ります)が見えます。
こんな感じで、みんな気持ち良さそうにしています。

P1110762.JPG

室内につながっている外プールもあり、けっこうな広さ。
他に滑り台がついた子供用、大人の膝くらいまでの赤ちゃん用と3種類あります。
私達は必然的に、まず子供用へ・笑
ぷかぷか浮いているボールを借りたり、滑り台を滑ったり。
こちらはちょっと冷たい温度。
遊んでいても気分が悪くならないようにでしょうか。
水に浸かってないと、寒かったです。

で、広い方へ。
ナラはフルゲリ(腕につける浮き輪)をつけてジャーンプ!
子供は浮き輪やフルゲリ着用、もしくは親に抱っこされています。
人も多いし、子供は足もつかないのでね。
そのまま外へ移動すると、ジャグジーや打たせ湯っぽいのもありました。

プール間はエレベーターで移動。
他にも、泳ぐ人専用のロングプールや、休憩用の長椅子もありました。
滑り台は、浮き輪専用と浮き輪なし専用の2本。
両方滑りましたー!楽しい♪
westsideみたいに、途中上からシャワーがくることもなかったのでgood。
明るい色から始まって、真っ暗闇の中を滑り、また明るくなってドボーン!
浮き輪の方は、暗くならなかった。。。かな?
4、5歳の子供達は親と一緒にどんどん滑ってました。
子供と一緒に滑れるようになったら、楽しいだろうなー。

ちょうどお昼時だったので、そんなに混んでおらずいい感じでした。
ナラもいるのでガンガン滑るわけでもなく、
かといってプールで遊ぶのも限界があるので、2時間半ほどで退散。
帰る頃には、ランチを終えた一群がどっと入ってきて、すごい人でした。

私的には、リラックス目的のbadがいいけど、子連れじゃまず無理だしね。
ま、ナラも子供用プールで楽しんでたし、
私も彼も一通り滑り台滑って、それなりに楽しかったです。

ベルンからは電車で2時間ちょっと、そんなに遠くありません。
子連れにはおススメです。
乗換駅/降車駅のVisp/LeukにはTVGも止まるので、
電車好きの子供がいる人は、それを狙って行くともっといいかも♪
(我が家はそれを知らず、Leukの駅で記念撮影だけしました)

駅前のレストランで食べたピザ、美味しかったー。
空腹+プール後だったので、さらに美味しく感じて完食!
ナラもすんごく食べました。
行くのを決めたのが遅かったので、温泉近くのホテルは空きなし、
もう一度バスに揺られてLeuk駅近くのホテルに1泊。
夫婦でやってる小さなホテルで、本場のラクレットが食べられるとのこと。
これは予約しなくちゃね♪と予約したホテル。

息子、ここのトイレで初う○ちに成功!
2010年のスタート、ウンついてる我が家です・笑


Burgerbad
Rathausstrasse 32
CH-3954 Leukerbad
www.burgerbad.ch

*行き方
BHからICに乗り、Visp乗り換えでLeuk下車。
駅前からLeukerbad行きのバスに乗り、最終下車。そこから徒歩2分。

posted by hummeli at 05:28 | Comment(6) | TrackBack(0) | ベルン市外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年01月03日

新しい年の始まり

明けましておめでとうございます。

新しい年を迎えた感は、全くと言っていいほどありません・苦笑
きっとスイス在日本人の多くがこう思っていることでしょう。
最近はおせち料理を注文したりできるようになりましたが、
やはり回りの雰囲気も大事です。
そこいらで門松、初詣に出かける人、着物を着た人、
年始休業の張り紙や、謹賀新年のポスターなんかを見て、
「あー、新しい年が明けたんやな」って実感するんやな、と実感。

こちらの1月1日は
大晦日のパーティー疲れを取る、朝寝坊の日と言い換えてもいいほど、
しーんと静まり返って、住宅街を歩いている人はほぼゼロ。

88.JPG

2009年最後の日は、家族3人でシルベスター(こちらでいう大晦日)。
たくさんのアペロは彼担当、
私はスカンピをゆず風味にマリネ(ちょっと和風っぽく)。
案の定、食べ過ぎました。。。

翌日から出かけるから早く寝たかったのに、
彼が12時ちょうどに乾杯したい!!!とそれに付き合ってシャンパンを1杯。
教会の鐘が鳴り響くと、どこからとなく花火が上がり始めます。
我が家ももれなく、夏の残りの花火をバルコニーで。
除夜の鐘もいいけれど、
教会の鐘+花火のコンビも、これはこれでいいなと思うようになった最近。


写真は出先で見れたTGVと記念撮影。
息子よ、元旦からよかったね。

1月1日、家族3人で初めての場所へ行ってきました。
ラクレットの本場です。(←もちろんこれも目的だけど、メインは別!)
posted by hummeli at 05:53 | Comment(4) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする