2012年01月07日

Dreikönigstag/東方の3博士の日

ロシアやギリシア正教ではクリスマス・イヴですが、
キリスト教によると、
毎年1月6日は、イエスの誕生を知った3博士が
東方よりベツレヘムを訪れ誕生を祝わったとされる日です。

スイスではだいたいこの日までクリスマスツリーが飾られ、
今日を境に片付けられたり、
生のモミの木は市が無料で回収してくれます。

そして、この日に食べるDreikönigskuchenというパン。

IMG_5510.JPG


スライスアーモンドや砂糖がついていたり、
中にレーズンが入っていたりする、日本で言うミルクパンのような甘いパン。
このパンを1人ひとつちぎって食べるんですが、
どこかにプラスチックの王様が隠れています。
見事王様の入ったパンを取った人が、
冠を頭に乗せ1日王様になれる、そんな不思議なパンです。

近くのスーパーでも、買い物に来た子どもは無料でもらえ、
プリンセス(なんで?)との写真撮影会みたいなのもやってました。

ちなみに我が家のパンには王様、ではなく女王様が入っておりました。
王様はもっとちゃっちい作りなのに、女王様はドレスや胸元の模様まで素敵。
朝からしげしげと見入ってしまいました。

IMG_5511.JPG


そして、女王様を見事食べ当てた?のは私。
幸先いいかもしません。
posted by hummeli at 07:16 | Comment(6) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月03日

辰の年のはじまり

それぞれ、どんな思いを抱えていても、
時間は流れて、月日は流れて、また普通の日がくる。

振り返ってみれば、楽しいこともたくさんあったはずなのに
秋を過ぎてからが下り坂すぎて、参りました...
この数ヶ月の色が濃過ぎて、良かった時が見えないほど。
憤りをどうしていいかわからなくて、
ため息ばかりついて、心は不安定でたくさん泣いて。
ブログの更新は滞るし、メールやSNSの返信もできなくて。

空を見上げてもグレーで重たい雲や、
払っても払っても、晴れない霧ばかりで、
精神的に大変だった2011年秋以降。
それでも。
美味しいものを美味しいと感じる自分は、
ささくれた心だけど、まだ大丈夫だな、と。
ドリカムの歌に救われた日々でもありました。

P1200412.JPG


辰年最初の日は、グルテンへ。
最初は雲に覆われていた山頂、数時間後にはくっきりと。
澄んだ空気と、山々の神々しい姿に心が洗われました。


ひどい1日でも
がんばってがんばってしのいだ1日でも
どんな人にもみんな
1日にひとつは、喜びがありますように。

今年もどうぞ よろしくお願いします。

平成24年1月 hummeli
posted by hummeli at 05:08 | Comment(11) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする