2012年07月27日

夏の彩り

心が現実に追いつかない時、追いつけない時。
頭では分かっていても、向きあえない時。

IMG_7011.JPGIMG_7014.JPG


ただ自然の中に身を置いて、そのあるがままを見ているだけで、
救い上げられる気がします。

IMG_7013.JPGIMG_7020.JPG


友達のガーデンで。
太陽に向かって精一杯首をもたげる、
自然の、本能のあるがままを見つめていたら、心がすーっと地に着きます。

IMG_7012.JPGIMG_7015.JPG


悲しいことがあっても、
怒り狂いたいことがあっても、
絶望の縁に立たされているような時でも、
自然は、励ますでも慰めるでもなく、すっと心に染み入ります。

IMG_7021.JPGIMG_7019.JPG


この日は、子鹿にも会えました。

IMG_7016.JPG


木や花、山や川、太陽や月。
そんな自然を日本にいた頃より身近に感じます。
ファッションもお洒落も、便利で素敵な物も少ないけれど、
人間にとってなくてはならない、生きていく上で必要なものは、
ここでの方が身近に感じられる気がします。
そんな生活をただただ過ごすんじゃなく、
やはり1日1日を丁寧に、感謝しながら重ねていきたいですね。
posted by hummeli at 22:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Aare, I'm coming!

ここ1週間ほど、スイスの夏らしい夏がようやく再開。
朝はまだひんやりとした風が気持ちいいものの、
昼前ごろからぐんぐんと気温は上がり、
影のない場所はジリジリとした暑さで肌が痛いほど。

昼食を食べたら向かう場所はプール。
スイスの短い夏を思う存分楽しむには、やはりここ。

IMG_7045.JPG


夏休み前まで通った週1の水泳教室の成果。
フルゲリなしで大人のプールに、思いっきりダイブ!
のんびり夕方から繰り出し、6時前にはほぼ貸し切り状態になったこの日。
最後の最後まで、ジャンプしては石の上に寝転がって暖をとり、
そしてまたジャンプの繰り返し。

昨日今日は30度を超え、バス停まで歩くだけでも肌が火照ってきます。
息子も一緒に初アーレ。
川底が見えるほど澄んだアーレ、水温も18〜19度と最適。
電車やkornhausbrückeから見たことのある人もおられるでしょう。
↓中ほど、左側に人がいるの見えますか?

IMG_7090.JPG


今日はmatte(クマ公園の近く)からlorraineまでのロング。
20分ちょっとの涼を楽しみ、lorriane badでランチ。
ほどよく冷えた体に、太陽が心地良いくらい。
次から次へと流れてくる人、人。
若い人も、頭の薄い人も白い人も、そして犬も。
3日間通ったアーレ、あと1回くらい行けるかな?

しかし、こんな夏日も今日あたりまで。
また天気が崩れる予報。。。
本当に天気の良いベルンは”一瞬”です。
posted by hummeli at 22:31 | Comment(1) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

夏休みのはじまりに思うこと

昨日から夏休みがスタート。

1年間通った幼稚園も、休み明けからは2年目の年長さん。
新しい子供達が入ってきて、お兄ちゃんになります。
終わってみればあっという間で早かったなー。
自分の体の半分くらいはありそうな鞄に、
幼稚園での工作物をどっさり持って帰ってきました。

IMG_6863.JPG


ここ数日雨が降り続いたり、山の雪氷が溶けてアーレの水かさが増し、
水曜日は洪水警報まで鳴り響いていたベルン。
さあアーレで流されるぞ!と思っていたけれど、当分オアズケになりそうです。
アーレ付近や水辺へ行かれる方、どうぞ十分注意して下さいね。


IMG_6813.JPG


21時過ぎの空。
雲間から放たれた太陽の光がなんとも崇高で、思わず立ち止まってしまいました。

ここ2ヶ月ほど、まあ色々と涙することが多く、
涙腺がすっかり弱くなってしまっていたところに、この空。
思わず、逝ってしまった友人や大事な家族の顔が思い浮かびホロリ。
スティーブ・ジョブズのスピーチをもう一度聞き直してみたり、
どんな選択であっても
相手の意思を尊重して受け入れる難しさを目の当たりにしたり、
心が絞り切られそうになったり、
リンクした歌詞に涙がボロボロでたりしたけれど、
やっぱりやっぱり、最後の最期を後悔しない為にも、
毎日今日が終わりだと思って生きよう、生きたい、と思いました。

そう思っていたつもりだったけれど、
やはり誰かの死を目前にすると、自分のは思い込みだった、と気付かされました。
好きな人には好きだって伝えたい。
やりたいことは、後じゃなくて、今したい。
美味しいものが食べたくなったら、手間ひま惜しまず作りたい。
周りの人の笑顔に囲まれていたいから、自分も笑顔に努めたい。
自分の勝手(都合)で子供に怒らない。
一緒にいられるこの一瞬一瞬は、取り戻すことのできない宝の時間。
自分の出来ることを、ちゃんとする。
簡単そうにみえる、この難しさ。

しんみりしてしまいましたが、
どこにも行かない夏休み、しっかり満喫しようと思います。
posted by hummeli at 22:49 | Comment(6) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする