2011年03月17日

救急箱。。。?

なるべく自然療法、植物療法で、
抗生物質や市販の薬は、最後の最後。

これが我が家の、というか私の中にあって、
最初は??だらけで、すぐに市販薬に頼っていた彼も
だんだん同じベクトルになってきました。

我が家の救急箱はこんな感じです。

IMG_2962.JPG


症状別に調合してあるSimilasanのホメオパシーのクゲリ、
植物の力がたくさん詰まってるA.Vogelのシリーズ、
他メーカーのホメオパシータブレット、咳止めシロップ、目薬。
バッチフラワーシリーズと、最後にダファルガン。
ダファルガンはどうにもこうにも、生理痛がヒドいとか、
頭痛が止まらない時に、たまに飲みます。

あとはこの秘密の緑のポーチ。

IMG_2963.JPG



開けるとこんな感じ。

IMG_2964.JPG


「Homöopathische Apotheke/ホメオパシー薬局」と表にある通り、
よく使われるホメオパシーのクゲリが24種類詰まっている家庭用キット。
専門的には勉強していませんが、
自分でネットや本で調べ、
あとは実際に使って体験してきていることで、私には欠かせないホメオパシー。
賛否両論色々とあるホメオパシーですが、私にはない生活は考えられません。

出産前から気になっていて、出産を機に初めてかれこれ5年弱。
息子もこのクゲリなら進んで舐めてくれるし、
シロップも全く問題なし。
もちろん夜間の咳き込みがものすごくヒドい時は、市販の咳止めにも頼ります。

やっぱり薬じゃないから、即効性がないこともあるし。
あ、やばいかも!?って前兆をキャッチしたら即取る。
食中毒になった時も、中耳炎になった時も、お世話になっています。


そして11日に起こった地震災害。
海外にいても、やっぱり母国のことは気になるし、
ニュースを極力見ないようにしていても、頭のどこかに必ずあるし、
そんなもやもやが心を支配しそうになって、
友達とあえて約束して気分転換に遊びに行ったり、
普段通りの生活を心がけていても、心のモヤは消えない。

こんな憂鬱にも似たどうしようもない気持ちを
ちょっとでも軽くしてくれる、強い味方。

バッチフラワーのwhite chestnutとrescueレメディー。
気付いたらいつでも口に垂らして使用中。

IMG_3067.JPG


考えても仕方ないけど、考えてしまう。
そんな考えがぐるぐる頭の中を駆け巡り、
眠たいんだけど眠れない、眠りにつくのに時間がかかる。
そんな毎日だけど、ここはホメのAcontiumとCoffeaで。

IMG_3068.JPG


自分で自分を追い込んで、
被災してないのに、したかのように凹んで潰れちゃったらいけない。
守るべきものもあるし、それを片隅へ追いやってちゃいけない。

スイスで、そして日本で。
なんともいい表せない感情や憤り、
どうしようもないやるせなさが日常生活に忍び込んで来ているなら、
ホメオパシーやフラワーエッセンスの力を借りるのもいいかもしれません。
ホメの方は、なかなか店頭では簡単に入手はできないようですが、
フラワーエッセンスはロフトで見かけたことがありますし、
両者ともネットでも買えますね。

効果や効くスピードは人それぞれだけど、
我が家には合っているかな。
これからもお世話になります。
posted by hummeli at 04:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ・BIO・ホメオパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月05日

日焼け対策 2

以前「日焼け対策」のところで書いた、
次に欲しいと思っていた日焼け止めが、このsanteのもの。
彼がlaveraのをオフィスに持って行ったので、購入に至りました。

P1140591.JPG

下のロゴ、左からBDIH、NaTrueのマークが付いてます。

店頭でさくっと試したところ、特に嫌な感じがしなかったので購入。
ところが。。。

−部分
 フタの開け閉めがしづらい
 ひと押しでかなりの量が出る → 線状に出して塗るとマシ
 ノビが悪い → 手早く塗らないとムラになる(10秒以内?)
 伸ばし忘れた箇所を後から伸ばすと、ポロポロ消しゴムカスのように落ちる
 塗った後、手のひらにもしっかり残る
 ウォータープルーフと謳っているが、手を水洗いするとすぐに落ちる
 しっかり伸ばしたつもりでも、白っぽい
 100mlで30フラン弱(けっこういい値段する)

+部分
 ミネラル成分のみ、化学成分一切なし
 エアポンプ型なので、きっちり使い終われそう
 ゆる過ぎず、固くないテクスチャー
 バニラっぽい香り


とまあ、マイナス部分がプラス部分を上回ってしまいました・苦笑
偶然にもお友達も同じのを買ってて、不快に思ってる所もほぼ同じ!


日焼け止めは、「日に焼ける速度を、塗ってない状態よりも遅らせる」もので、
塗っていても焼けるのは仕方ない、と思っているけれど、
これはしっかり塗ってても、早く焼ける。
なので、プールやレジャーには全くもって不向き!
普段使い(ちょっとした買い物や散歩程度)にしか使えないねーと。
リピート、ありません。
クーリングオフ?リコール?できるなら、返品したいくらい。

値段も安くないし、
このまま使わないのはもったないので普段使い用として使うけど、
なかなかなくならないだろうな〜。
試してみようかなと思っている方、サンプル用として私のから差し上げます!


期待してただけに残念やなーと私と友達。
息子は日光アレルギー(今になって?)なのか、
この日焼け止めのせいなのか、腕に赤い湿疹が出た。


そんなこんなで、
本格的に夏日和、毎日の水遊びに大活躍♪と喜び勇んで買ったものの、
我が家との縁はなかったようです。


PS シャワーの後の湯船の汚さも、すごい!
  全部の日焼け止めがちゃんと落ちている証拠、と言う意味!?
  じゃあ、今まで使ってた日焼け止めはちゃんと落ちてなかったってこと?
posted by hummeli at 06:43 | Comment(3) | TrackBack(0) | アロマ・BIO・ホメオパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年05月30日

日焼け対策

weledaから日焼け止めシリーズがなくなりましたね。
(販売+製造ともに中止になりました)

やはり、新しい認証基準に満たなかったからでしょう。
オーガニックコスメを知ると、最初の方に必ず手にするヴェレダ。
私も最初に使ったオーガニックの日焼け止めはここ。
化粧下地としても、息子にも使ってました。

が、オーガニックと謳ってはいるものの、
その基準がイマイチ明確でなかった気がします。
そして、どこのオーガニック認証マークがついていなかったのも事実です。

去年の春過ぎ頃からでしょうか。
NaTrueという新しい認証マークをちらほら見かけるようになりました。
新しいネーミングはNaturalとTrueを合わせてるのかな?
女性の横顔のシルエットが特徴的です。

愛用中のprimaveraのネロリ&カシスのマッサージオイル。

P1130725.JPG

箱にもちゃんとついていましたが、
本体の裏にもこの通り。
最高レベルの☆3つ付きです!
香りよし、のびよし、癒され度◎!
嗅覚で体に入ってくるものに、一番早く脳が反応するなーと再確認。

P1130727.JPG

色々あるオーガニック認証だけど、どれも基準が統一されていないなどの理由で、
新たに、基準を統一して分かりやすくしていきましょう、ということでしょうか。

BDIHやVeganロゴだけがついていた化粧品に、
NaTrueロゴが付け加えられていたり、両方表示されています。
だんだん、NaTrueロゴだけに統一して行くのでしょうか。
新しく出来たこのオーガニック認定については、
ここここなど、色々なサイトで詳しく説明されています。


話は逸れましたが、
オーガニックコスメにするのに、一番難しいのが日焼け止め。
なので日焼け止めを作っていないメーカーもあるし、
毎年成分変更しつつ、試行錯誤が繰り返されているのが分かります。

P1130729.JPG

去夏から愛用している日焼け対策グッズは
Annemarie BörlindのSUN sonnenmilch LSF 30 Kidsと
LaveraのFamily Sun Spray SPF 15の2種類。
どちらもウォータープルーフで、プール通いが日課の夏には不可欠。
ボーリンドの方は100%オーガニックではないけれど、
日焼け止め効果はダントツなので、その効果を重視して使用中。
なくなったら、santeのシリーズを狙っています。
NaTrueの☆3つ付き(最高レベル)+ウォータープルーフ+100%天然ミネラル!

ヴェレダ、ハウシュカ、ボーリンド、ラベーラと色々試している日焼け止め。
今のところ、後者2つがマル。


あ、ちなみにweledaから青いパッケージのミルククレンジングと化粧水が出ました。
値段も手頃なので、試してみようかな?
posted by hummeli at 12:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | アロマ・BIO・ホメオパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年08月22日

愛用の品 -コスメ編・2-

以前書きましたが、ずっとDr.Hauschkaのクレイマスクを使っていました。
最近はalvaというメーカーのミネラルマスクを見つけ、それを愛用中。

P1090555.JPG

里帰り中に日本の雑誌で見つけ、
ドイツのメーカーなのでスイスにあるだろうと、帰ってきてから購入。
チューブを押すと出てくるタイプ、ラクチン。
色はグレーっぽくて、ローズマリーやらラベンダー等、ハーブの香りがします。
テクスチャーは比較的ゆるく、するする伸び、
乾いてくるとピンと引っ張られて、ちょっと痛気持ちいい。
ハウシュカよりも引っ張る力は強いです。
洗い流した後の肌は、つるつるすべすべ。
ハウシュカはクレイのみ!って感じで、ハーブの香りはしないけど、
alvaは香りにも癒されて、
やっぱり肌のお手入れに香りは不可欠だなーと思いました。

150mlで13フランと、ハウシュカよりも魅力的。
ハウシュカは90g25フラン。
(ま、これに水を混ぜて作るので実際には90g以上なんだけど)
ネットで色々調べてみると、メイクも落とせる洗顔料としても使えたり、
シャンプーやボディーソープとしても使えるそう。
ああ、もったいない!と思うのは私だけ!?笑
Waschcreme(独)/ディープウォッシュパック(日)という名前なので、
肌に深く浸透して、汚れや角質を取り除くことは間違いなしです。

P1090556.JPG

ラスールという、吸着力は炭の4倍、粒子の細かさは菌の1/4という微小さ。
ザラッとした感じはなく、サラッとした手触りです。
ミネラル分も豊富で、環境への負担もないそうなので、安心して使えます。

軽くマッサージしながら塗布、1〜2分後に洗い流すとも書いてあり、
今日からはこの方法でやってみようと思います。

他に新しく出たオーガニックコスメブランドを発見。

P1090557.JPG

NINKASIと言う、
スイスのアッペンツェラー地方発のメーカーです。

P1090558.JPG

商品は、朝/夜用クリーム、シャンプー、シャワージェル、
ボディーローションと日焼け止めクリームの6種類。
白いボディーに緑の花のつぼみのようなロゴで、外観はMADARAっぽい。
中身は大麦、酵母、ホップ、麦芽とビールを彷彿とさせる原材料に、
植物オイル、カモミールなどが使われています。
なので、香り的にはイマイチっぽい印象。
テスターなども日焼け止め以外になかったので、想像できません。
ボディーローションはmadaraで懲りた経験があるので、
シャワージェルを試してみよう。。。かな?
彼と2人で使えば、もし気に入らなくても早くなくなるだろうし・苦笑

vatterで取り扱ってます。
新しいもの好きの方、どうでしょう?
posted by hummeli at 00:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ・BIO・ホメオパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年07月09日

オーガニックコスメ X ナノテクノロジー

今日coopcityへ行ったら、こんな画期的なシリーズを発見!

Nature works. More deeply than ever.
P1080255.JPG

Dr.schellerというドイツの会社から、
BDIHを取得してナノテクノロジーを使った化粧品が新しく出たとのこと。
早速、パンフレットもらってきました。

P1080256.JPG

ナノテクノロジーを使い、成分粒子を細かくして、
美容成分が皮膚の奥まで浸透しやすくなるようにするんですが、
オーガニックコスメでも、このナノテクを使った化粧品がありました。
ナノテク化粧品の賛否両論はありますが、
BDIHを取っているコスメのナノ商品、ということで気になってます。

化粧落としから化粧水、クリームに美容液と一通りそろっています。
ビジュアル面では、茶色の遮光性瓶にシンプルな装飾で好感が持てます。
環境保護にも力を入れていることが、パッケージからも伝わってきます。
(店頭に並んでいた商品、ほとんど箱に入っていませんでした。)

P1080257.JPG

4週間で、20人中33%の女性がしわが目立たなくなった、とか
53%の女性が肌に弾力性が出てきた、という結果も書いてあり、
使いたくなる気持ちをそそられます。

今使っているクリームがなくなったら、トライしてみようかと思います。
で、前回。
こちらで、使ってみようかな〜と言っていたMADARA。
今、ここのボディークリームを使っています。

成分等は事前にチェックし、
シンプルなパッケージデザインに魅かれて買ったものの、
カモミールだか海草類の匂いだか、ぜんぜんいい香りがしない。
(よく考えれば、カモミールはハーブティーでも精油でも苦手だった。。。)
その上、アルコール臭も鼻について、
お風呂上がりに塗ってるのにリラックスしない。
テクスチャーはしっとりしたクリーム状なんだけど、イマイチ伸びも悪いし、
エアポンプ型なので、片手でシュっと出しづらい。
中身を清潔に保つ、という意味ではいいけれど、私にはちょっと使いにくい。
いつも椅子の上に置いて、右手でポンプをぐっと押し、左手に取って塗ってます。
リピートはしないでしょう。

早くなくなることを祈りつつ、
ロクシタンのバーベナシリーズと交互に使っています・苦笑
posted by hummeli at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | アロマ・BIO・ホメオパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年01月27日

愛用の品 -コスメ編-

気がつけば今年でスイス生活も4年目に突入。

P1040713.JPG

最初の頃は日本から持ってきていたものを使っていたものの、
ここ2年ほどは「ここで買える、自分の肌に合ったもの」
を使っています。

weleda、Dr.Hauschka、lavera、laveréと有名どころは一通りトライ。
そして、
化粧水、保湿クリーム、スクラブ、美容液はAnnemarie Börind、
化粧落としはlaveré、マスクはDr.Hauschka、オイルはweledaと
それぞれ落ち着きました。
そろそろマスクとオイルが終わるので、
laveréのマスクとPrimaveraのオイルを試そうと思っています。

ヘアケア製品は来た頃からlavera、
最近はsanteのものと交互に使ったりしています。
スイスに来るちょっと前はlogonaのものを使っていて、
頭皮は脱ケミカルできてるんじゃないかなーと思います。

シャドウなんかのカラー物とマスカラは
日本とアメリカの某ブランド物を使っています。
が、こっちにいるとアイメイクあんまりしないし、
なくなったら、オーガニック製品にシフトしようと思っています。
最近はミネラル成分だけでできたものがあるらしく、
里帰りの時にチェックしてこようと思っています。


20代の頃は、
効果があったのか分からないエステに大枚をはたいたこともあったし、
化粧品ジプシーもしたし、
基礎化粧品の勧誘に心が揺らいだこともあったけれど、
やっぱり一番大事なのは、情報に惑わされない強い心と精神状態。
そしてブランドネームで買うのではなく、中身に対する成分知識。
その成分の作用するところ。
自分に一番必要としている成分は何か、と突き詰める追求心と好奇心。

成分を必死に勉強した甲斐もあり、
真っ先にラベルの成分表示に目がいくようになりました。

美肌への道に近づいてるかな〜!?
posted by hummeli at 21:17 | Comment(4) | TrackBack(0) | アロマ・BIO・ホメオパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年06月01日

オーガニック系コスメ in Coop City no.2

実際、自分の目で見ないと気がすまない私。
ふらっと偵察してきました。

P1010273.JPG

入ってすぐ右奥に、ブランド名の棚が目に入ります。
商品、ずらーっと一目瞭然!
これだけ全部揃ってるのを見ると、見てるこっちも気持ちがいい。
santeシリーズはカラーもの(口紅、シャドウetc)も揃ってました。

P1010271.JPG

私がここ1年ほど愛用しているbörlind。
薬局やreformhausには一部のラインしかなかったけど、
リップクリームから、高級ライン、シャンプーにボディークリーム、
メンズ商品まで全種類しっかり揃ってます。
値段もしっかり見やすく表示してあって、なかなかgood。

P1010272.JPG

まだ残ってるから、買わなくてもいいのに
何度も手に取って買いそうになりました。。。
来月、買いにこよーっと手(チョキ)

*ベルン駅前のRyfflihof Coopでも取り扱いがあります

posted by hummeli at 03:58 | Comment(0) | TrackBack(1) | アロマ・BIO・ホメオパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年05月28日

オーガニック系コスメ in Coop City

定期的に送られてくるcoopの無料新聞に、
嬉しい記事を発見しました。

P1010220.JPG

coop cityでオーガニック系化粧品の取り扱いが増えるとのこと。
coopオリジナルのnaturalineと以前からあったWeledaに加え、
farfalla、BIOKOSMA、SANTE、Annemarie Börindが新たにプラス。
ナチュラルコスメのコーナーはNatural-Shopsとなるようです。
*2009年2月現在、anne lind、Ma Provence、natuderm botanics、
 ERBARIO TOSCANOも追加。


今まではvatterやReformhaus、薬局でしか取り扱いのなかった商品が
気軽にcoopで買えるなんて、うれしい。
それにsuperpunkteも貯まるし、punkteで支払いもできるし手(チョキ)
ますますcoop派になっちゃいます・笑


取り扱い店舗:
Aarau, Baden, Chur, BS Gerbergasse, BE Marktgasse, Bietikon, Kriens,
Luzern, Olten, Schaffhausen, Winterthur, Zug, ZH Bellevue, ZH Sihlcity
posted by hummeli at 04:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | アロマ・BIO・ホメオパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年04月19日

クレイマスク

こちらに来て、子供が生まれて、
やはりすっぴん美人になりたいなーと今さらながら実感。

自分にあう化粧品にも巡り会え、
愛用中なのがDr.HauschkaReinigungs maske、クレイマスクです。

hauschka.JPG

只今2回目リピート中。
詰め替え用90gで25フラン。
一度の使用量は小さじ1杯分弱なので、5g以下。
週一度使用しても、1回1フラン程なので、コスト的にもOK。

茶色だし、顔に伸ばすと泥塗ってんの!?って感じだけど、
パックを洗い流す手に伝わる肌の感触はゆでたまご!ぴかぴか(新しい)
しっとり、つるつるになります。

週一度、欠かせません。
posted by hummeli at 21:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | アロマ・BIO・ホメオパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月16日

オーガニックとは?2

有機栽培、自然農法、オーガニック。。。etc

それらしきものを表す言葉や表現ってたくさんありますよね。
何がどうしたらこうなのか、基準ってなんじゃ?とも思います。

オーガニックと言えども、幅広く
世界には
それ=オーガニック
を、どういう基準でどういうレベルに定めるか、
認定基準団体が多く存在します。


もっとも古く、よく知られているのがデメター証ではないでしょうか?

デメター/demeter <デメター:豊穣と農耕の女神> とは
ドイツの哲学者であり人智学の始祖である
ルドルフ・シュタイナー博士が1924に提唱した
「バイオダイナミック農法」を実践する農家による社団法人であり、
厳格な基準によって「バイオダイナミック農法」を用いて生産された
製品であることを証明する認証組織でもあります。

demeterimage.gif
 こんなロゴ、目にしたことありませんか?

信頼性を意味するデメターマーク
科学が進歩した現在では学術的にもその有効性が証明され、
Demeterの安全基準は
EUのオーガニック規定よりもはるかに厳格なものとなっています。
また、ヨーロッパの消費者の間では、
Demeterはもっとも信頼のおける規格としても知られ、
Demeterマークが付けられたオーガニック製品も多く見られます。
これはDemeterに加盟する農家による製品であることの証明でもあり、
何よりも安全で質の高いものとして認識されています。
日本ではまだそれほど浸透していませんが、
ヨーロッパをはじめ、
オーストラリアやニュージーランド、南北アメリカにおいては、
Demeterの名称と「バイオダイナミック農法」はすでに広く普及しています。

世界のオーガニック認定団体
こちらこちらに詳しく出ています。

スイス国内のBIO製品はBIO suisseのロゴがついています。

bioschweiz.JPG
 Knospe/つぼみのマークです

他にも、Veganというロゴも良く見かけます。(laveraの製品など)

VeganSociety.JPG

これは、20世紀半ばになってveg (itari) anを短縮してつくられた造語だそうです。

Veganとは、
1944年にイギリスで設立された、
動物製品(食品、衣料品etc)を使わないライフスタイルを
サポートしている組織です。
彼らの言うところの『動物製品』とは、
肉、魚、蜂蜜、卵、またはそれらを使った製品、
ウール、シルク、骨、皮、毛、パール、珊瑚、またはそれらを使った製品、
動物実験をされた製品など、けっこう細かいです。

オーガニックとはまた違いますが、
動物実験をしていない、植物が100%使われている
の2点において、
オーガニック製品にVeganのマークがついてるんでは?と思います。

詳しくは、Wikipediaのこちらも参照してみて下さい。

他にも国や認定期間等によってロゴがたくさんあります。
ネットで”イメージ検索”すると、わんさかヒットします。
こういうサイトでロゴだけでも頭に入れておくと、
商品を見た時に「あ、このロゴ見たことある」ってなりますよね。


オーガニックとベジタリアンは共通点あり!?、と
思ったらクリックお願いします。

banner_02.gif

posted by hummeli at 15:37 | Comment(6) | TrackBack(2) | アロマ・BIO・ホメオパシー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする