2015年09月08日

美しのガラス

以前にもここここここで紹介している江波さんのガラス。

2014年はスイスと日本の国交樹立150周年ということもあり、
日本の文化や食文化など、
たくさんの”日本”をスイス中で目にし、体感できた1年でした。
ベルンでの初の海外個展後、今年の秋はベネツィアにてのお披露目です。

IMG_9684.JPG


ベネツィア国立東洋美術館にて、
9月19日より10日間、江波、小西両作品に触れることができます。

詳しくはギャラリー卯甲潮工房のサイトを参照下さい。
話を聞いた時からベネツィア旅行も兼ねて行こうと思っていたけど、
ちょうど秋休み中の開催、
がっつり休暇とかぶってしまいこの目で見れず。
悔しい!
ベネツィア在住の方、この時期ちょうどベネツィアにおられる方、
江波作品ファンの方、ぜひぜひ足を運んでいただきたいと思います!!

イタリアの太陽の下、江波さんと潮さんのガラス作品が
日本だけでなく、本場ベネツィアの人達にも気に入ってもらえますように。
posted by hummeli at 00:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | スイス国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年01月27日

ガラスの小さな世界が集まったら

ここがきっかけで、今年もまた新しい世界の人と知り合えました。

ガラス作家の江波富士子さん。
とても繊細で美しく、
ご本人の人柄もまでが一緒に溶け込んでいるかのような、
光を受けて、反射して、キラキラと輝くガラスを作られている女性。

IMG_3457.JPG


そんな彼女の、ヴェネチアングラスの技法を応用して作る作品。
その大事なベースになる、小粒な宝石達。
塵も積もれば山となる、ではないけれど、
この一つ一つの片が集まって大きな、吸い込まれるような世界になります。

この金太郎飴様の棒をカットして、その片を並べて、揃えて、巻いて、伸ばして。
ガラスについては全くもって無知な私ですが、
気が遠くなるような、しかも
集中力と根気、緊張感が必要な過程を経ることは容易に想像がつきます。

IMG_3461.JPG


そんなカットされた宝石の欠片達が一堂に会すると、
もう無言で、ただただ見つめるのみ。
ひたすら手にとって、光にかざして。
「かわいい」の言葉しか出てきません。

IMG_3463.JPG


小指の爪、大きくても親指の爪ほどの小さな世界の中に、
かぼちゃやトウモロコシなどの野菜、
虫や魚、花や幾何学模様が生き生きと描かれています。
干支にちなんだ龍や午、?マークもあり、
全て綿密で繊細な線で描かれていて(この表現は正しいのかしら?)、
素人の私ですら、彼女の技術の高さが秀でているものだと感じました。
ガラスやヴェネチアングラスの技法に詳しい方ならなお、
感嘆されるのかもしれません。


器が大好きな私ですが、
彼女を応援するギャラリーのオーナーに紹介され、
すっかり江波さんファンになってしまいました。
秋にはなんと、私の地元京都で個展を予定されているではないですか!
これは里帰りと合わせて寄せてもらうしかない。
江波さん、遠いスイスからも応援しております!

*全ての写真はご本人の許可を頂いて撮影、掲載しています。


ガラス工芸*潮工房
神奈川県三浦市初声町和田2645-7
www.ushio-studio.com

posted by hummeli at 22:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | スイス国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年04月16日

Colmar/コルマール -市内散策1-

お天気の悪い春休み。
天気が悪くても、2泊3日でフランスアルザス地方のコルマールへ。

P4093109.JPG


3日間のうち、中日が晴れただけであとは強風と雨、曇り=寒い。
冬のヤッケにマフラー、ヒートテックレギンス着用で正解でした。
したがって撮った写真も全体的にどんよーり、暗くて残念。

P1200572.JPG



ベルンよりは大きく、
それでも悪天候のせいか思ってたより人も少なく、こじんまりとした印象。
やはり旅行の印象は天候に大きく左右されるなーと実感。
これで全日快晴のもと歩き回れていたら、もっといい印象が持てたコルマール。

P4103132.JPG


天気も悪い1日目のスタートはこれから。

P1200491.JPG


街をさくっと見て回るには、こういうツーリストバス便利ですね。
下調べしてる時から乗りたかった(息子が特に)Petit Train(緑)。
1周約35分、大人6ユーロ、ほぼ毎日、9時頃〜30分おき発車してます
英仏独伊語の音声案内の他、日本語!や
デンマーク語、ロシア語や中国語など14カ国語分あって、ほぼ網羅。
(ストラスブールでも乗ったけど、ここは日本語なし)

他にもう一つ白いミニトレインもあって、
これはどうも別会社らしいけど、乗り比べるほどでもないなーと。
息子は乗りたそうでしたが、大人は1回乗れば十分ってことで・苦笑

2日目、プチ・ヴェニス内を流れる小さな川でボートに。
鳥のさえずりと、新緑がとっても綺麗で癒されます。

P4103151.JPG


船頭さんの話を聞きながら、ゆっくり静かに進むボート。

P4103154.JPG


回りの建物や景色もしっかり楽しめます。

P4103161.JPG


橋の辺の素敵な家々も、船の上から見るとこんな感じ。

P4103163.JPG


雲一つない青空の広がった2日目。
ここぞとばかり朝は9時過ぎからカフェで朝食、歩き回りました。

P4103133.JPG


まだほとんど地元の人ばかりが動いていて、観光客らしき人は皆無。
今のうちにと、写真を撮りました。

P4103138.JPG


ピンクやオレンジの暖色系の壁が多く、
ベルンもそうだけど、ここもたいていが砂の壁。
「あ、壊れてきた」とざらざらを触っていた5歳児の一言・苦笑

P4103139.JPG


窓が斜めについていたり、
誰が見ても一目で分かるような、歪んだ窓や壁だったり。
壁も窓の辺はハリボテのように、けっこう盛り上がっていたり。
あんなんで大丈夫か?と心配してしまう家も多々でした。

P1200545.JPG


それでもどこを歩き回っても絵になって、写真に収めたくなる町の中心。

P4103130.JPG


モダンなパティセリーやカフェが、しっくりきてないように思いました。
posted by hummeli at 21:43 | Comment(8) | TrackBack(0) | スイス国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年11月10日

雨の週末/Miasino, Orta san guliano, Domodossola

仲良しの友達カップルと2泊3日でイタリアへ。
寒くなって来たし、暖かい所=南下=イタリア行こう!ってなったのに、
3日とも雨、雨、雨。
ベルンは雨も降らず、まあまあの天気だったらしい...

雨のdomodossola。

P1200195.JPG


降り止まない雨だけど、マーケットへ。
やっぱり本場は雰囲気が違う。
雨だけど活気があって、お客さんもたくさん。
もちろん、チーズに生ハム、サラミ類をゲット!

P1200203.JPG


泊まった場所は、これまたちょっと辺鄙なMiasinoと言う場所。
車内放送で駅名なんて言わないから、到着時間と駅の看板を見ながら確認。
乗り過ごしそうになりながらも、間一髪で下車。

ピンク色の壁と大きな木のドアが素敵で、
しっかり見てないと見過ごしてしまう小さな看板のB&B。

P1200209.JPG


重い木製の扉を開けると、格子のドア。

P1200206.JPG


その向こうには中庭。

P1200205.JPG


外から見る感じじゃ分からないほど中は広く、写真手前側にゲスト用建物、
写真で見えている部分は、オーナーご夫婦宅。
「のだめカンタービレ」で、のだめがパリに留学してた時のアパルトマンも、
確か外に大きな木の扉があって、そこを開けたら中庭があって、って感じじゃなかったかな?
と、またのだめを見たくなったけれど、聞こえてくるのはイタリア語。

他にも、大きな木の扉のついた建物、ありました。

P1200215.JPG


親切なオーナーが送ってくれた、ちょっとした観光地のOrta san guliano。
湖にはボートで行ける小さな島。

P1200223.JPG


ちょうど先週の日曜日はマラソン大会があったらしく、
小降りの中、走りにくい丸石が敷き詰められた石畳の上をみんな走ってました。
雨に濡れた黄色い落ち葉、これもまた綺麗。

P1200222.JPG


小さな細い路地がたくさんあって、
ジェラート屋や食材店が並んでましたが、
日曜だからか閉まってる所もちらほら、住居とお店が一体になってる小さな街。
街を一周する電車の形のバスが走ってて、それに乗りたかった5歳児。
1日2本しかない帰りの電車を逃せないので、ここは我慢してもらいました。

P1200246.JPG


真っ赤に染まった葉が敷き詰められた道。
上に立ってみたら、レインコートとぴったり合う。
最終日の小雨以外、毎日けっこうな強さの雨で、
マーケットで買い物くらいしかしてないけど、
お友達と行ったお陰で、私達も息子も退屈せず、それなりに楽しい3日間でした。
今度は山歩きに行こうね。
posted by hummeli at 19:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | スイス国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月14日

Copenahgen2011/中心部

前回行きそびれたここ。
cphお店特集や素敵な子供部屋の本などに
必ずと言っていいほど掲載されているオーナーがやっているお店。

P1180553.JPG


期待し過ぎて行ったからか、
セール中でもう素敵なものが買われてしまった後だったからか、
店内はがらんとした印象で、拍子抜けしてしまいました。
従って写真もゼロ。

P1180562.JPG


入口の扉は「いらっしゃいませ〜」とこんな感じ。
こういうはずじゃなかったのに感が拭えきれず、残念でした。
行った時期が悪かったのかもしれない、と思うことにしてまた次回。

creme de la creme a la Edger
møntergade 10

www.cremedelacremealaedgar.dk/


ふらっと曲がった横道に、素敵なお店を発見。

P1180465.JPG


ウールで出来た色とりどりのフィンケ/室内履き。
赤ちゃん〜2歳弱までだったら、迷わず手を出していただろうけど、
我が息子ももう5歳、もう要らないね。
それよりも、淡いグリーンにペイントされた棚が魅力的。

P1180466.JPG


奥の方にまで続く店内。
子供服や子供部屋にあいそうな家具やベッドも。
きのこのクッションや、鳥のアップリケが付いたクッションも可愛い。

P1180468.JPG


ん?
どこかで見たことがあるような踏み台。
IKEAのでも、ペイントして素敵な紙を貼れば
あっという間に”世界で一つだけ”に大変身。
アイデアはしっかり頂きました!

P1180469.JPG


布コーナーも。
なんだか親しみのく柄だな〜と見てみれば、日本人デザインの布。
和風っぽいフクロウとか、小さく綺麗に並んだゾウとか。
こんな素敵な布ばかり見てたら、全部ちょこっとばかり持って帰りたくなります。

IMG_3904.JPG


きゃー!と思わず駆け寄った、ラッピングペーパーの切れ端コーナー。
いくつかピックアップして持ち帰りました。
よく考えたら、伸ばしてスーツケースの底に敷けばいいんだから
もっとガッツリ買って来ればよかったわ...

P1180471.JPG


一巻き、4フランほど。
高いか安いかはそれぞれに委ねるとして、
次回もまた必ず、足を運びたいお店になりました。

fannymia
kompagnistræde 17

www.fannymia.dk


日本にも店舗があったりオンラインで買い物ができるそうですよ、ここ。
帰ってきて調べているうちに、日本語のサイトを発見。

P1180549.JPG


控えめなハート型の”SALE”にセンスの良さを感じて入ってみました。
ゴールドのロゴもいい感じ。
フランスのエスプリ感漂う、シックで素敵な子供服がたくさん。
セールだったけど、いくつも買えるようなお値段じゃなかったなー・苦笑
お出かけ用の一張羅としてなら、購入してもいいかな、と。
ファミリーセールとかあったりしないかな?
お友達へのプレゼントなら、間違いなく喜ばれるはず。

Bonpoint
vognmagergade 7

www.bonpoint.com


友達の一番のお目当てが、ここマリメッコ。
近くにある(あった?)はずのAPCにも寄りたかったんだけれど、
移転したのかなくなったのか、見つからず。

P1180555.JPG


一歩足を踏み入れたとたん、そこはもうマリメッコワールド。
色とりどりのマリメッコ柄の布、服、小物達がお出迎え。
布はもちろん、ワンピースなんかも可愛くて。

P1180556.JPG


布コーナーも充実。
クッションカバーや寝具セット、
キッチンタオルなどもたくさん揃ってました。

私達以外には、日本人の母娘さんが一組だけで、
広い店内貸し切り状態でした。

P1180545.JPG


マリメッコ好きには外せないコンセプトストア。
広い店内でのんびり、ゆっくり悩みながらショッピング。
これぞ醍醐味!と言わんばかりに楽しんでいた友達。
いや〜、よかったよ。

marimekko
gammel mønt 7

www.marimekkocopenhagen.dk


またまた、ふらっと立ち寄った横道で。
ショーウィンドーに魅かれ、「入ってみる?」と。

P1180422.JPG


入ってすぐに目につく、
壁一面にずらっと収納された壁紙は圧巻!
(ここにも白に塗られたIKEAの踏み台が...)

P1180423.JPG


ピンク、緑、ブルー、茶と色別に見やすいように仕分けされてて、
花柄を中心に、ボーダーやら無地も。
昔のおばあちゃん家のトイレに張ってありそうな柄も。

P1180425.JPG


ここにも淡いピンクやブルーに塗られたセツカステン。
ああ、セツカステンのに魅かれるようになってここ数年。
小さく仕切られたそこに、特に飾るものはないんだけど、
なぜか魅了されてしょうがない私。
連れて帰りたい衝動に駆られること、毎回・苦笑

P1180426.JPG


ここにも、はぎれ壁紙コーナーが!!!
もちろんいくつかお買い上げ。
柄だけ切り取って貼ったり、
額縁に入れてみたり、アイデア次第で色々広がりそう。

P1180427.JPG


また来ますっ!

Retro Villa
badstuestræde 17

www.retrovilla.dk


もう一度訪ねようと行ってみたら、移転しており、
これまた偶然にも見つけることができたStilleben。
以前は狭く小さな店舗でしたが、こんなにも大きくなっていました!
店先に止まっている水色の自転車が、絵になる。

P1180450.JPG


細い線描きのモチーフも、
薄くてつるつるのセラミックの手触りも、
ペン立てやキャンドルホルダーにできそうな大きさも気に入ったんだけど、
”買ったつもり作戦”を実行、写真に収めてきました。

P1180454.JPG


マトリョーシカを連想させるボディー。
こけし風の似顔絵が描かれた、個性的なフラワーベース。
いくつも並べて、一輪ずつ挿したら素敵かも。

P1180453.JPG


セラミックだけでなく、洋服や照明、アクセサリーや他の雑貨もあり、
2階部分はアトリエのようになってました。
きっとここで、若手アーティストが個展を開いたりするんでしょうね。

Stilleben
Niels Hemmingsesn Gade 3

www.stilleben.dk


これまた、ふと足を踏み入れたパッサージュにあった子供服のお店。

P1180408.JPG


店先にずらーっと並んだ、こんな可愛いボディーを素通りできるはずもなく。
思わずプレゼントしたくなるくらい、可愛いデザインのものがたくさん!

P1180407.JPG


店内も期待を裏切らず、可愛い物づくし。
イスにもちょとしたテーブルにも、
そして座って遊ぶことも出来る、ウレタン製?のゾウやワニ。
子供服はもちろん、オモチャから雑貨、水着に帽子、
水筒やお弁当箱、収納箱までもりだくさん!

P1180415.JPG


名前を作るABC達は、
あまり見かけない、素敵な動物もチーフで。
Dのてんとう虫や、Hのペンギン、
Mの蛇にLのふくろう、Qのライオンが可愛いくて、思わず買いそうになりました。

P1180410.JPG


ずっと居座ってしまいそうなほど、
次から次へと可愛いものだらけで、
移動する度に
「いや〜可愛い!、ちょっと見て!」ばかり言ってた気がします。
ホント、子供の世界ってワンダーランド。
大人も我を忘れて楽しくなっちゃうお店。

Karru Sella
skindergade 33 jorcks passage

www.karrusella.dk


自分の足で歩いて、素敵なお店を見つけた時の充実感。
そして、そのお店が自分にどんぴしゃだった時の興奮。
その為ならいくらでも歩ける!と毎回実感しました。

歩く度に新しい世界が広がる、小さいけど大きなcph。
何度も生きたくなる魅力がたくさん詰まった街です。
posted by hummeli at 22:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | スイス国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月10日

Copenahgen2011/Østerbro+Nørrebro

Østerbroエリアにある、ノーマンコペンハーゲン。
特にファン!でもないけど、
店の前にいるなら入らなきゃ損ってことで、セールまっただ中を覗いてきました。

P1180495.JPG


インテリア雑貨に家具、カーペットや食器、花瓶やランプなど盛りだくさん。
白くて広い店内に、
セールながらも素敵に見せる陳列で、デンマークの香りがいっぱい。
ファンの方は足を運ぶ甲斐あります。

Norman Copenhagen Flagship Store
østerbrogade 70
http://normann-copenhagen.com


前回行けなかったokker-gokkerとPif Paf Puf。

P1180497.JPG


残念ながら、入口の壁に思いっきり落書きがされてて見過ごしそうでした。
淡い色合いの素敵なベビー服は今も健在。
セール中だったけどけっこうなお値段でした。

こちらは雑貨屋さんかと思っていたけれど、おもちゃ屋風。

P1180498.JPG


お店のおばちゃんも気さくに「いつでも声かけてね〜」って。
小さな階段を上がった所にもおもちゃがたっくさん。
洋服類もちょこっとあったけれど、主に小さい子向けのオモチャが多かったかな。
あとで、illumだったかで発見。
わざわざここに行かなくても良かったのか、って・苦笑


Nørrebroエリアは骨董街が目当て。
前回はなかった服屋やインテリア雑貨のお店がちらほら出来ていました。
一瞬、「え?kitchener?」と目を疑った、ロゴが似ている子供服のお店。

P1180598.JPG


シックな外観と店先のカゴに置いてある洋服を見ただけで大興奮!
どれも可愛いし、色使いも、ほっこりする柄も、買い占めたくなるほど。

P1180600.JPG


トナカイロゴがプリントされた、ボディーとTシャツ。
ピンク、紫、オリーブ、グレーと子供っぽくない色使いがまた素敵。
息子にピンクか紫を買いたかったけど、なぜか我慢した私。
他にもたーくさん、毛布や布バッグ、ズボンやレギンスもあって、
買っとけばよかった、と今更激しく後悔。

Boligbutik Kiertner
ravnsborgade 10A



ショーウィンドーからはイギリスっぽいリバティーな匂いがするこのお店。
紙製品を扱っているお店?それとも布製品?
サイトによると、NewYorkTimesでcphお勧めのお店に掲載されているそう。

IMG_3924.JPG


サイトを見ていると、センスが良さそうなセレクト。
アジアやインドにインスピレーションを受けて始めたお店だそう。
よくよく見たら、布の柄はアジアっぽいか。
次回は覗いてみたいお店のひとつになりました。

bungalow
ravnsborgade 17

www.bungalow.dk

ふと道の反対側に目をやった時に見つけた、子供服の古着屋。

IMG_3938.JPG


看板はこんなんだし↑、
建物には工事の為か足場が組まれてて、気付かず通り過ぎてしまいそうな感じ。

IMG_3937.JPG


店先には子供が遊んで待っていられるように、オモチャが置いてあったり、
カラフルなカゴには、可愛い動物の透かし模様の入った素敵なハンガー。
これ、子供服を扱っているお店や雑貨屋で必ず目にすると言っていいほど。

IMG_3944.JPG


狭い店内だけど、所狭しと子供服がぎーーーっしり!
シックな色合いと花柄の女の子用のトップス。
コーデュロイ地も可愛くて、なんで女の子の服ばかり可愛いんだと思ったり。

IMG_3941.JPG


蝶や虫、花がプリントされたボディー。
こんなの、見たことない!
息子が赤ちゃんだったら買ってたなー、と思いながら写真だけ。

IMG_3942.JPG


smaforkの黒白に赤やピンクのボタンがアクセントのトップス。
これまた女の子の。
シックで、胸元ギャザーも可愛くて、ずるいとさえも思ってしまった。

IMG_3943.JPG


私はカニ柄のTシャツを息子用にゲット。
現在出てるバージョンは知ってたけど、これは昔のデザインかなと。
サイズ的に今しか着れないけど、セカンドハンドならいっかと許せてしまう値段。
ここだけでも十分楽しめるほど、長居してしまった私達。
冬のジャケット類やブーツなんかも揃ってて、奥には妊婦さん用のもちらほら。
また次も、掘り出し物を探し出したくなったお店。

Miau Miau
Skt. Hans Gade 21



レコード好きなら知っている(らしい)お店。

P1180605.JPG


ショーウィンドーの一面を飾るレコードの数々。
珍しいものや古いものなど、たくさんあるそうで、dkの友人gもよく覗くとか。

Route66
Fælledvej 3



ほんとcphは素敵なスポットが点在していて、
全部のんびり見ようと思ったら3日以上はかかるなー、と再確認。
お店により、開店日や時間もマチマチだし、
骨董街は土曜日じゃないとほとんどのお店は閉まってるし、
フリーマーケット目当てだと日曜日じゃないとダメだし。
木〜月あたりで、またいつの日かリベンジしたい。

写真を見ながら記憶を整理しつつ復習し、余韻に浸る。
そしてなかなか帰ってこられない私です...苦笑
posted by hummeli at 15:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | スイス国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

Copenhagen2011/Vesterbroエリア

cph中心部からバスに乗って東の方へ。
前回、もっと歩き回ってみたいと思っていた念願のエリア。

smafolkのボディーがこんなになってたら、目につかないはずがない!
それにしても、人形がぶら下がってるのかと目を疑いました。
このディスプレイはちょっと・苦笑
立体的だし、柄が分かりやすいと言えばそうなんだけど...

P1180571.JPG


中には所狭しとsmafolkはもちろん、デンマークブランドの子供服がたくさん!
アディダスなんかもあり、可愛い長靴まで置いてありました。

P1180572.JPG


外観は子供服を扱っている店らしくない感じで、
サイトを見てもどこかの会社と一緒に?やってる感じが拭えないですが、
可愛いので良しとします。

Glas Alfen
gasværksvej 12

http://www.glasalfen.dk


赤提灯の「焼き肉」に魅かれた私と友達。
寿司もラーメンも天ぷらも、スイスで何とかなるけど
こればっかりは(適度に脂肪のある美味しいお肉)、
日本じゃないと食べられないよねと話していた矢先!
中をのぞくと、開店は夕刻から。

P1180575.JPG


思わず、夕飯時に来ようかと思ったけど、
居候仲間のgはベジタリアンだし、また次回に。
スイスで美味しい焼き肉用のお肉売ってる所、ないかしら?
ずっとやりたかったなんちゃって焼き肉、実行しようかな。

O MO NIM
gasværksvej 21

http://www.omonim.dk


この後地図を見間違え、右に曲がる所を左折してしまい、ピンク街へ・苦笑
歩けど歩けど、ショーウィンドーに飾ってあるものは、カラフルで、
やつれた風の兄ちゃんが階段に座っている建物は連れ込み宿にしか見えず、
お店らしきものは一向に現れず、間違いに気付いた私達でした。
ひとりで歩くにはちょっと恐い。
2人だったから、ちゃっかりショーウィンドーの中まで見ながら歩けたけど・笑


本来の道へ。
「犬も歩けば棒に当たる」と言っていいほど、素敵なお店が次々と。
次に足が止まったのは、ヴィンテージのオモチャのお店。

P1180576.JPG


小さなキャラクターのフィギアから、絵本、ボードゲームetc
途中で小学生高学年ほどの男の子が、店主となにやら話込んで、
自分のお財布とにらめっこしておりました。
おこづかい貯めて通ってるんだろうなーと、可愛らしい時間でした。
友達は、長靴下のピッピの、紙製のミニトランクをお買い上げ。

Vintge Toys Cph
istedgade 46

http://www.vintagetoys-cph.com


エイティーズ色満載のポップなお店も発見。
ショーウィンドーのディスプレイもさることながら、
道に出してある物の色使いやソファーの柄、ローラースケートまで。

P1180579.JPG


こういうのが好きな人にはたまらんやろなーと。
マネキンが座ってて、「オー!マイキー」を彷彿とさせました。
店内には洋服なんかもあって、次回ゆっくりのぞくことにします。

Funky Junky
istedgade 84B

http://www.funkyjunky.dk


こんな素敵なロゴ、しかもKYOTO。
セレクトショップのようで、外から見ただけですが
ナチュラルテイストっぽい洋服を扱っているようでした。

P1180582.JPG


日本のものを扱っている風でも、京都の和物を扱っている風でもなし。
それにしてもなぜ京都?KYOTO?
それだけが疑問です。

KYOTO
istedgade 95

http://www.kyoto.dk


今回は絶対!と開店日をチェックして向かったのがここ。
小さい間口だけど、店先に置かれてあるカラフルな雑貨は遠くからも目を魅きます。

P1180590.JPG


建物に近づくに連れてテンションが上がり、
一歩店内に足を入れた所で、心臓がドキドキ(していた気がする)。
色、形違いのランプがずらーっと並び、
前後左右、上も足元付近も、たっくさんの可愛い雑貨!

P1180589.JPG


何とも絶妙な色使いと絵柄のポット達。
多肉植物を飾っても可愛い〜、とインテリアの参考にもなります。
手前のはお湯飲みにちょうどいい大きさで、思わず手が伸びそうになりました。

P1180584.JPG


緑にオレンジ、黄色に赤。
色とりどりのビタミンカラーを見ているだけで、元気になります。

P1180586.JPG


壁際の棚には、マグがずらっと。
確か洋服や小物なんかもやってるところだ、と思い出したのに
どこのだったっけな〜?と肝心な名前が出てこない。
デンマークのだったか、それともスウェーデンのだったか。

P1180585.JPG


雑貨って、持って帰りたいんだけど、
かさ張る所が、そんな気持ちを思いとどまらせる。
あ〜、買い占めたい!という衝動と戦いっぱなし・笑
そんな訳で、コンパクトな紙製の組み立てて作る動物をゲット。
息子の好きなふくろうやオットセイもあって、
部屋にモビールみたいに吊るそうかと。
息子用に♪と言うのは建前、本当は自分が欲しいのでした。

Girlie Hurly
istedgade 99

http://girliehurly.dk


素敵な靴が遠目にも見えたこのお店。
近くに横断歩道がなく、時間も押していたので写真だけ。
うん、ここもまた次回。

P1180581.JPG


Polkadotten
istedgade 124



角っこには、素敵なイスが所狭しと並んだインテリアショップが。
入りたい衝動を2人で押さえつつ、閉まっていたことにする・苦笑

P1180594.JPG


maur
oehlenschlægersgade 32

http://www.maur.dk


Migorsホビーで売ってるような木箱がぽんぽんと置かれてあった店先。
さっと見た感じの店内も、ナチュラルカラーで無駄なものが一切ない感じ。
アトリエ?画廊?

P1180595.JPG


ロゴだけ写真に収め、家に帰って調べてみたらカフェのようでした。
お客さんもあまりいなかったから、殺伐と見えたけど、
賑わっていたらまた雰囲気が違ったかも。

simple RAW
oehlenschlægersgade 12

http://www.simpleraw.dk


道の向こう側から、私達を呼ぶ声がすると思ったらこのお店!
もう、店先に並ぶ、ファブリックやカゴの色合いに魅かれないはずはない!
立ち寄りたい衝動を「見なかったこと」にして、写真だけ。

P1180596.JPG


Donde-C
vesterbrogade 96

http://www.donde-c.dk


今回はホント、
「見なかったこと作戦、買ったつもり作戦」を何度実行したことか・笑

どこかのブログでお勧めされてたBagerstræde。
ちょっと裏原系の洋服屋さんがあるらしく、気になっていたけれど、
そこらじゅうの建物で足場が組まれていたり、改装工事中らしく、
外観もなかなか見づらく、どこにそんな素敵なお店が?という印象。
短い通りで、往復してみたけれどめぼしいお店は見つからず。
ちょうど休みだったのか改装中だったのか、それとも移転してしまったのか。
次回行く頃には工事も終わっていることでしょう、その時にリベンジ。

Bagerstrædeの先にあった、BoConceptというデンマーク発の北欧家具のお店。
シンプルかつ機能性があり、デザイン製にも優れ、
トレンドにもマッチしたソファやラグ、インテリア雑貨を扱ってました。
お値段はそれほど高額でもなく、ikeaはちょっと...という場合にはいいかと。
日本でも東京を始め、20店舗ほどあるそうです。(知らなかった!)

Bo Concept
gammel. kongevej 29A

http://www.boconcept.dk


正味2日の滞在だったから、半日でこのエリアを回ったけど、
思ったより素敵なお店や、覗きたいお店がたくさん点在していて、
やっぱり1日はいるなーと思ったvesterbroでした。
ピンク街と道を挟んで反対側のこのエリア、最近発展してきたようです。

次回までにまた素敵なお店が増えていることでしょう。
その時はしっかり1日かけて、歩き回るぞー。
posted by hummeli at 22:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | スイス国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月28日

Copenhagen2011/カフェ

今回は行きたいカフェもしっかり下調べ。

初日の朝ご飯にと向かったのは、創業1870年老舗のこちら。

P1180376.JPG


開店時間から30分は経っていたけど、入ってみたら客は居ない。
そして、従業員のみなさまが朝ご飯中...
え?という感じだったけど、私達が来たのが就業の合図になったようでした。

P1180379.JPG


デニッシュ類は3つでいくら、だったので、それプラスクロワッサン。
コーヒーは日本で言うアメリカンコーヒータイプで、お味はイマイチ。
デンマークだけに本場のデニッシュは、やっぱりピカイチ。

P1180381.JPG


居心地の良い店内は奥の方まであり、けっこうな広さ。
ショーウィンドーにはマカロンで作ったケーキやらが飾ってあって、
入らずにはいられない感じ。

P1180384.JPG


これでコーヒーがもうちょっと美味しかったらな、と友達と。
雰囲気を味わうだけでも、スイーツを楽しむのも、
ほっと一息つける「喫茶店」のようなお店。
本当はもっとのんびり長居して、お店を楽しみたかったんだけど。
これはまた次回かな。

La Glace
skoubougade 3

http://www.laglace.dk


sommer/夏と名の着いたカフェ。
黄色い壁が目印。

P1180534.JPG


ブランチがおススメだそうですが、お腹もすいていなかったのでコーヒーだけ。
大きなカップで出てきて、飲みきれず。
スイスで飲むコーヒーと同じで、美味しく頂きました。

P1180526.JPG


隣に座っていた観光客のカップルは、ブランチのようなのを頼んでました。
大きなお皿にフルーツや卵、パンがたくさん!
ランチでもいけそうな感じ。

SOMMERSKO
kronprinsensgade 6

http://www.cafesommersko.dk


日本にもお店がある、デンマーク王室御用達で1835年創業のお茶屋さん。
お茶屋さんというと、日本茶や中国茶が頭に浮かびますが、
ここは紅茶を専門に扱っているお店。
お店の入口の横からは、お茶を楽しめるティールームへの入口も。

P1180533.JPG


店内はところ狭しと紅茶が並び、カウンターには大きな秤!
左側手前のガラスの瓶には、日本茶や中国茶がありました。
ちょっとLänggassTeeのような感じ。

P1180537.JPG


壁にはマルグレーテ2世のお墨付きのような証書が飾ってあります。

P1180539.JPG


去年デンマークへ行った時にヘンナが淹れてくれた花梨のお茶。
どうしても同じお茶が欲しくて、ここなら売ってるだろうと聞いてみたらあった。
色合いとシンプルなロゴが可愛い紅茶の缶に入れてもらい、自分へのお土産。

P1180536.JPG


記念に「Prince of Denmark」という紅茶も購入。
ショートがよく似合う可愛いお姉ちゃんが、その場でいくつかの葉をブレンド。
おもりを秤に載せて、計量してくれました。
ほのかにジャスミンが香り、お気に入りになりそうです。
そして美味しい!
100g36kr、600円ほど。
隣のおばあちゃまはRoyalBlendをいくつかお買い上げでした。
これも美味しいのかしらね〜。

A.C.Perch's
kronprinsensgade 5

http://www.perchs.dk


骨董街巡りに疲れて一息ついたお店。
オレンジの建物と両サイドに出ているテラスで一目瞭然。

IMG_3922.JPG


ここも温かい雰囲気で、
店員さんはバーカウンターの常連さんとぺちゃくちゃお喋り。
セルフサービスなので、お喋りの間に入りつつ注文。

P1180601.JPG


大きなケーキもあって、
天気が良かったらテラスで食べたいなー、なんて思っていたら、
外で長居をしている兄ちゃんが追加注文しておりました。
デンマーク人は男性も甘党!?

Cafe Gavlen
ryesgade 1

http://www.cafegavlen.dk


前回バスの車窓から見て気になっていたお店、行ってきました。

P1180483.JPG


雑貨屋さん+小さなカフェでもあるのかな、と思っていたけれど、
雑貨は影も形もなく、カフェだけでした。

P1180484.JPG


店内は落ち着いた感じ。
ブラックボードに描かれた大きなレモンの木がアクセント。
回りには紅茶やジャムの入ったカゴが置かれていました。

P1180487.JPG


コーヒーが飲みたい感じでもなかったので、
アクエリアスのような清涼飲料水を。

P1180490.JPG


時間が時間だったせいか、お客さんもまばらで、ガラ空き状態。
このお店の前の大きな通りを渡ったところに、もう1軒カフェがあって、
そちらにすれば良かったかな、とちょっと悔やんでみたり。
ま、1年越しで行けたので良しとしよう。
同じ並びに可愛い雑貨屋や洋服屋さんもあったしね。

CITRON
Das hammarskjölds Alle 33

posted by hummeli at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | スイス国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月17日

Copenhagen/コペンハーゲン -カフェ-

Nørrebroエリア

テラスに座って湖を眺めながらランチ。。。

P1140163.JPG

と思ったけれど、雨が降ったりやんだりで室内へ。
今回は久しぶりに食べたくなったパスタと、サンドイッチ。
パスタが美味しかった記憶だけはしっかりと・苦笑
朝食が人気だとか。
今度はそれに挑戦したいなー。

食べた後、湖の白鳥にパン餌をやりに。
歩いてばっかりで、大人に付き合ってばっかりの息子の、
ちょっとした息抜きに。。。(なったかな?)

KAFFESALONEN
Peblinge Dossering 6



ブランチがいいから、と言う友人の勧めで向かったものの、
もうすでに満席、空く気配なし!
寝過ぎたせいです、はい。。。

P1140190.JPG

ローカル色満載のこのお店も、また次回早起きして席を確保したいものです。

KaLaSeT
Vendersgade 16



ぶら下がっている電気はお人形の首、首、首。

P1140194.JPG

壁にはポールセンのランプ。

P1140193.JPG

割れた鏡を繋いでつくった大きな鏡の壁に、
シカや鳥、熊の剥製の首にかかっている電飾。
何とも言えない、異様な雰囲気のカフェ。

P1140195.JPG

KaRaSeTが満員で移動した先がここ。
見たことのない世界に私も彼も、息子も目をパチクリ。
写真、撮りまくり・笑
トイレまで、すごい!
洗面台は七色に色が変わるし、
そこにたどり着くまでの廊下も、剥製の猫と合体したマネキンが立っていたりetc

P1140191.JPG

英国風メニューのブランチ。
カリカリのベーコンにビーンズ。
焦げ過ぎやろ!と言いたくなるほどのソーセージ。
かなり辛くて(+焦げ過ぎていて)美味しくなかった。。。
ベジタリアンメニューを頼んだ友人の方が美味しそうだったな〜。
オーダーはカウンターで。

P1140210.JPG

ここもローカル色満載。
入ってすぐに、2、3人でくつろげる小さなテーブルとソファ席。
そしてカウンター。
その奥にも席がたくさん合って、かなりな人数を収容できそう。
1人で入るには。。。かなり勇気がいりそうなお店ですが。。。
友達と一緒に挑戦するには、いい旅の思い出になりそう。
あ、メニューは英語表示がありました。

P1140211.JPG

BANKERÅT
Ahlefeldtsgade 27-29
http://www.bankeraat.dk



Amagertorv広場のカフェ。
この広場の有名どころ。

P1140306.JPG

前回もたしかここでコーヒーを飲んだ記憶あり。
目の前の噴水て待ち合わせをしている人を眺めたり、
散策の計画を立て直したり、一息入れたり、etc。

P1140309.JPG

私はコーヒーと小さなケーキを食べましたが、
軽食もちゃんとあって、多目的に使えそうな感じです。

EUROPA
Amagertorv 1

www.europa1989.dk


EUROPAの向かいのこちら。
ここではテラス席で、コーヒーとチョコレートケーキで一休み。
ロゴのフォントが素敵です。

P1140088.JPG

ケーキに添えられてきたのは、生クリームではなくカスタードクリーム。
この組み合わせは初めて。
濃いもの同士だけど、やられたー!美味しかったっ!

P1140090.JPG

テラスも店内もほぼ満席。
やはりいい場所にあるカフェはどの時間帯も人気のようです。

CAFE NORDEN
Østergade 61
www.cafenorden.dk



P1140280.JPG

akimbo前のカフェ。
こじんまりとした店内は、デニッシュ系のスイーツパンから本格的なパンまで。
テイクアウトしに来る人が次から次へ。
えんじ色のソファに座って、カフェとデニッシュパンで。
デンマーク名物?のものらしく、友達のお母さんもこれを作ってくれました。
外はパイ生地のような感じでサクサク、中はしっとり系のナッツ。
デンマークの旗もついてました。

いいお店、見つけたぞ♪とほくそ笑んでしまうようなお店。
穴場というか、隠れ家的なお店かな?
大きな有名どころのカフェもいいけど、
こういうローカルカフェで、
のんびりお茶しながら人間ウォッチングするのが好きです。
今度もここで、ゆっくりカフェしようと思ってます。

Trianon
Hyskenstræde 8


posted by hummeli at 15:50 | Comment(2) | TrackBack(0) | スイス国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Copenhagen/コペンハーゲン -素敵なお店 2-

有名どころのローゼンダール、ボダム本店は姿を消していました。
(私的には、見る予定なかったので別にOKでしたが。。。)

ロイヤルコペンハーゲンの螺旋?階段。

P1140291.JPG

この切り絵風な手すり部分がとっても素敵でした。
他にも、こういう切り絵的な橋の柵を見かけたりもしました。
デンマーク人の友人いわく、「デザイナーがこういう場所で発表できる」らしい。

P1140294.JPG

行ってみたけれど、移動したのか無くなったのか、跡形もなかったROOM。
ガイドブックに載っていたURLも、関係ないサイトへ飛んでしまってダメ。
ストックホルムに本店があるここ、スウェーデン語のサイトは読めず。
デンマークからは撤退したのかな、と勝手に解釈。
本に、「IKEAで育った世代が、
シンプルでよりグレードの高い家具を求める時、いいのが見つかると評判」と
書いてあって、楽しみにしていただけに残念でした。

P1140318.JPG

話題の若手デザイナーの家具や雑貨がたくさん置いてあると知り、
バスに揺られて20分ほど、中心から少し南西のVesterbroエリア。

P1140267.JPG

ILLUMやStill Lebenでも見かけた、AnneBlackのものや
他のデンマークデザイナーのアクセサリーなども豊富。
奥の工房では、家具を作っている様子がガラスのドア越しに垣間見られて、
「ここで作ってるんだなー」と作り手を身近に感じることができます。

地下部分では、椅子やソフャ、テーブルが置いてあって、
肘掛け椅子に深く座りながら、
持ってきた書類とにらめっこしてた女性が印象的でした。
サイズや色はどうか、色々と吟味してたんでしょうね。

Designer Zoo
Vesterbrøgade 137



これまたバスに揺られて20分程、中心から少し北東のØsterbroエリアも、素敵!
kitchenerでも取り扱ってる、Danefæのお店です。

P1140323.JPG

天候が変わりやすい(数分単位で雨が降ったり晴れたり!)コペンハーゲン。
雨も多いここではレインコートは必須なようで、道行く人みんな着てます。
大人も子供も、みんなこれに長靴。
雨よけ+防寒対策にもバッチリで、デザインも素敵で豊富。

P1140326.JPG

北欧の暗くて長い季節を乗り越えるには、
これだけパンチの効いたカラフルな洋服を着て、
自分のモチベーションをあげて行くんだなーと、身をもって実感しました。

P1140328.JPG

Tシャツもベビー服も、小物やオモチャも豊富。
デンマークの国旗とバイキング、ニシンのやウサギが描かれたTシャツ達。
カラフルで目移りしてしまいます。

P1140327.JPG

ナラには緑のバイキングのTシャツを。
気に入ってもらえたようで、私も嬉しい。
私も寒さと雨に耐えかねて、自分用にレインコートを購入。
ロピも自分用に探していたけど、どうもメンズはないらしい。
雨の季節、ベルンいちカラフルな日本人を見かけたら。。。きっと私です・笑

Danefæ
Classensgade 10
www.danefae.com



覗いてみたかったここ。
ヴィンテージやアンティークの家具や陶器のお店。
レインコートでカバン持って、小さな店内をウロウロするのは危険でした・笑

P1140330.JPG

前日の骨董街?で買い過ぎたので、ここはさらっと見るだけに。
素敵なものに囲まれて、もっと見ていたい衝動に駆られつつも退散。
今度、ゆっくり!

EPOKIKON
Norde Frihavnsgade 65



この他、帰る途中に歩きながら見つけたり、
バスの中から見つけて写真だけ撮ったお店達。

P1140331.JPG

GREIBE & KUMARI
Ndr. Frihavnsgade 60



P1140333.JPG

Kmunch
Ndr. Frihavnsgade 26

http://www.kmunch.dk


P1140334.JPG

Pif-Paf-Puf Legetøi
Ndr.Frihavnsg. 23
http://www.pif-paf-puf.dk



P1140335.JPG

Okker-Gokker
Ndr. Frihavnsgade 10
Okker-Gokker


このお店はIllumの中にも入ってました。
そしてバスの中から店名だけをメモったのがこの2つ。

CITRON by little lemontree
Dag Hammarskjölds Allé 33


ここは子供服や雑貨を置いてあるように見えました。
とてもカラフルなお店で、爽やかな雰囲気で一目瞭然。
途中下車してでも寄っておけばよかったかな〜とちょっと後悔。

Jolander
Kongensgade 74
http://www.jolander.dk


この通りもかわいいお店がたくさんあって、
Ndr. FrihavnsgadeとKongensgade、次回は必ず歩くぞ!と思った通りです。
写真を撮ろうにも間に合わず、ひたすらメモった帰り道でした。

中心部にあるデパートMagazinも、
泊まらせてもらってたアパートのすぐ前にあって、
行こう行こうと思いつつも後回しにしていたら、結局見る時間がなく行けずじまい。
灯台下暗しっぽい感じです。
さくっと1人で見とけばよかった〜。

今回は下見もちゃんとしておいたから、ある程度行きたいところは回れたし、
それより何より、gytzのおかげで穴場カフェやお洒落スポットに連れて行ってもらえました。
ありがとう、gytz!
次回はバスを駆使して、自分の足で存分に回れそうな予感♪
posted by hummeli at 15:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | スイス国外 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする