2015年04月01日

2ヶ月ぶりにこんにちは

前回の更新から早2ヶ月。
まだまだ保守的な部分が多いこの小国の小さな首都ベルン。
新しいお店が次々に出来ることもなく、
できても既にあるチェーン店舗だったりで、
お店発掘は行き詰まっております。

IMG_8365.JPG
快晴だったある日の絶景アルプス!


今日から4月。
日本からの便りは、暖かい春の空気と満開の桜、桜、桜!
思わず、お友達に写真送って!とお願いしてしまいました。
さくらの季節は、やはり日本がいいなと心から思いました。

IMG_8424.JPG
 木登り大好きな我が息子。木は登る為にあるらしい。


変わってベルン。
イースター前は必ずと言っていいほど気温が下がって天候が荒れますが、
今年も、強風びゅーびゅー、雨ばかりで寒いです。
昨日、桜の蕾がちょうどほころび始めているのを見つけました。
ぷっくりとしたまあるい蕾が可愛らしく、立ち止まってしまいます。
この寒さにじっと耐え、イースター明けにぱっと咲くのかな?
ベルンの桜、春休みが見頃になりそうな予感です。

IMG_8452.JPG
家の近くの、私のお花見スポットにて。


滞っていた2ヶ月の間、スキー休暇があり、ファスナハトがあり。
雪も降り、初夏のような天気が続いた日もあり、色々ありました。

IMG_8426.JPG
朝焼けがとても印象的だった一日の始まり。


金曜日からイースター。
お天気どうなるかな?

gelateriaも27日から今期の営業がスタートしていますが、
まだ寒くて食べられていません・笑
皆様、よい春休みをお過ごし下さい。
ベルンへ来られる方は、折り畳み傘はもちろん防寒具もお忘れなく!

P.S. 3月末から夏時間がスタート、日本との時差は7時間になりました。
posted by hummeli at 17:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月28日

STAHLBLAU/インテリア家具、雑貨

ここ2ヶ月ほど前でしょうか、トラムから素敵なお店が目につくようになりました。

IMG_7601.JPG


たくさんの大きなガラス窓からは、
店内の素敵な雰囲気がこぼれてくるようです。
落ち着いた外観で、店のそこだけ、時間がゆっくり流れているように感じます。

IMG_7600.JPG


IMG_7602.JPG


店内も落ち着いた木目調の古い装いが心地よく、おじさんの感じも好印象。
質問してもすぐに応えてくれて、作家さんについてまで教えてくれました。

IMG_7603.JPG


以前はこういった私好みのお店は街かちょっと遠出しないとなかったのが、
家の近くにできて、なんだか得した気分です。
かといって、しょっちゅうのぞきに行っている訳ではないのですが。
素敵なプレゼントを探したい時や、
センス良くてかといって主張しすぎず、
存在感のあるものを探すにはいいお店だと思います。



STAHLBLAU
spitalackerstrasse 60
Tel : 031 311 48 48
www.stahlblau.ch

*開店時間
火〜金 12:00〜18:30
土   10:00〜16:00

*行き方
BHからトラム9番/Wankdorf Bahnhof行きでSpitalacker下車、
道を渡ってすぐ。

posted by hummeli at 10:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | お店・shop・Laden | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年01月08日

羊年、2015年

クリスマスの後、突然思い出したかのように冷え込み、そして雪。
そしてあっという間に雨に溶け、白い世界は1週間と少し。
暖冬のような気がするベルンの冬。
雪も嬉しいけれど、青い空と太陽に勝るものはない!と痛感します。

2015年の始まりは、快晴の青空とともに。

IMG_7898.JPG


太陽を浴びに、バスで小一時間ほど遠出。
ここはまだ雪深く、初そり滑りを楽しんでいる人もたくさん。
雪の中の新年初散歩を楽しみました。


そして、一瞬だけ日本へ!!

IMG_7947.JPG


と思わせるような、おもてなし!
お友達が数日かけて買い物、仕込み、準備してくれた、
愛情たっぷりのお正月料理の数々。

IMG_7960.JPG


何年振りかのお節に、みんな舌鼓をうちつつ堪能しました。
彼女の頑張りにすごい、ありがとうの言葉しか出ませんでした。
年始はちょっと早起きして、お節にお雑煮。
年を重ねるごとにこの習慣の良さが分かるねと、うなずきあいました。
このピリッとした襟を正す感じで、新しい年をスタートさせたいです。

IMG_7988.JPG


そして、毎年親友が送ってくれる干支柄の羊羹。
これを楽しみに、今年も新年のお茶会を我が家で。
久しぶりに皆の顔を見て、話も弾みます。

IMG_7904.JPG


昨年もまた新たな方々と出会い、知らなかった世界を垣間見ることができ、
素敵なものを見、知り、触れる機会がありました。
ここ数年サボっておりました一文字スローガン。
2015年は季節の足音を大切に、
月々の日本の風習にも気を留め、
いただいた「縁」を大切に、繋いでいきたいと思います。

日本とスイス。
一緒に過ごす限られた時間を、濃いものにしたいです。
ブログの更新は滞りがちですが、この一年もよろしくお願い致します。
笑顔あふれる一年になりますように。

平成27年1月 hummeli
posted by hummeli at 19:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月19日

新・BernMobil情報

2014年12月14日より、ベルン市内を走っているバストラム等、
時刻表変更、運賃値上がりました…

便利なAppも新しくÖV Bern-Appになり、時刻表もさっとチェックできますね。
路線図はこちら

ベルン市内中心部は特に大きな変更は見受けられませんが、
バス25番Eichmatt−Büschiackerが廃止されました。
運賃の値上がり、ここ数年で何回目?というほど。
初乗りKurzstreckeが30rp値上がって2.5フラン、
その次の1-2zoneになると、20rp上がって4.4フラン。
(1/2Aboがあると、それぞれ2フラン、2.8フラン)

そりゃ、みんな歩いて回りますよね。
自転車レンタルして市内走りますよね。

憧れの 観光地だけど 実は見て
こんなに高い 交通費

と一句できました・笑
posted by hummeli at 23:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 市内地図・交通etc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年12月12日

2014年、師走

気がつけばあっという間に12月も半ばにさしかかろうとしています。

IMG_7590.JPG


今年はアドベントが11月末からスタート。
そんなもんで、アドベントカレンダーはもちろん間に合わず、
ろうそくに火を灯すのを忘れ、
バタバタしながら12月が始まりました。

久しぶりに行ったtierpark。
大好きな熱帯魚の水槽が一新されて、大きな大きな水槽になっていました。

IMG_7591.JPG


見応えのある、横に長い大きな水槽。
以前に増して種類の増えた、カラフルな魚たち。
驚いたことに、ちんあなごも数匹!(しかも白いのとオレンジのと)
あとは座って眺められるように、長椅子があれば完璧なんだけれどなー。


昼間街に出ると、
プレゼントが入っているだろう大きな袋を持っている人がたくさん。
でも夜になるとひっそり、帰宅途中のベルンの街はシンプルな電飾が主役です。

IMG_7634.JPG


我が家は、というか私が年末のこの行事が苦手なもので
ツリーなし、リースもなし、クリスマスっぽいものもゼロ。
唯一のアドベントキャンドルは、
この時期に毎年ケラーから出してくる松ぼっくりでシンプルに。
キャンドル4本バラバラの色で、クリスマス感はあえて薄く。
クッキーだけは焼きました。

お正月のキリっとした空気の方が好きです。
寒くなってくると、
冬の早朝、八坂神社を歩いた時のことを思い出します。
まるで凍りついて止まっているかのような空気。
自分の歩く音だけが響いて、見られているような緊張感。
ピリッと引き締まった空気を、思いっきり吸い込んだ清々しさ。
背筋がしゃんと伸びて、全てに感謝したくなるような気持ちになったあの朝。

いつか1人で日本へ行ったら、
そういった思い出の場所へ、早朝の空気が乱れていない時間帯に訪れてみたい。

気分はすっかり新年に向いている私であります。
posted by hummeli at 05:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月11日

おだやかな秋

秋のスイス。

10月半ばから3週間ほど、おだやかで気持ちのいい週末が続いていました。
朝晩は冷えるけれど、日中の太陽と秋の柔らかい空気が心地よい。

自転車を電車に乗せ、Meiringenの方まで遠足へ。

IMG_7230.JPG


風もなく、山が水面にうつって、真っ青な空も気持ちがいい。

IMG_7231.JPG


キラキラ雪のように見えるのは、空中を飛んでいる小さな虫たち。
太陽の光を反射して、それはそれは綺麗で。

IMG_7233.JPG


友達家族と行った森では、色々なきのこを発見。
初めて見た、青緑っぽい色のきのこ。
モエギダケと言うようです。

IMG_7295.JPG


森の中は宝物がいっぱい。
宝探しに行く子供、と私。

IMG_7307.JPG


ひっくり返すとお腹部分が青く輝いている綺麗なコガネムシ。

IMG_7302.JPG


スギゴケの絨毯。

IMG_7331.JPG


切り株からにょきっと生えているきのこ。

IMG_7296.JPG


どうもこう、きのこに魅了されて仕方ありません。
傘の裏のひだひだや、大きさやら色やら。
宝探しへ行っている間、男性陣は火の番。

IMG_7309.JPG



先々週は、ちょっと高い場所にある違う森へ。

IMG_7395.JPG


草を食む牛の芝生の後ろに、壮大なアルプスが。
空も突き抜けた感じで、とても気持ちのいい午後でした。

そしてこれまた、初めて見たベニテングダケ。

IMG_7381.JPG


何とも言えない、艶っぽい色っぽい赤でした。
ここでは3つも4つも見れて、生えやすい条件の森なんでしょうかね。
色々な角度から眺めて楽しみました。

IMG_7396.JPG


木々の隙間から見える光と、
長くのびた木の影がなんともいえず素敵な帰り道でした。

気がつけばもう11月も10日も過ぎてしまっています。
今週のお天気は雨や霧マークの連続。
暗い天気に気持ちまで持って行かれないように!
posted by hummeli at 00:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

秋スタート

秋休みを過ごした日本から帰ってきたら、ベルンはすっかり秋でした。

IMG_7186.JPG


久しぶりの日本の夏の終わりに、体が馴染むまでしんどかったですが、
半袖サンダルで、残りの夏を楽しむことができました。

今朝のベルン、朝の7時はまだ真っ暗で吐く息はすでに白。
体調を崩さないように気をつけつつ、秋を楽しみたいと思います。
posted by hummeli at 17:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年08月25日

Gelateria di Berna -Breitenrain- /ジェラート

待望のブライテンライン地区に8月7日ジェラテリアオープン!
日本から来ていた友達と一緒に、開店と同時に行って参りました。

IMG_5586.JPG


開いてすぐだったのでもちろんそんなに並ばず。
今年の夏はいつが夏だったか分からないほど、太陽が少なく、暑くない夏。
ジェラートの種類はどうかな?と思いつつのぞくと、品揃えバッチリ。
パイナップル×バジル、木いちご×生姜などの面白い組み合わせもあり、
初めて見たアプリコット×タイムもありました。

IMG_5588.JPG


これでLänggasseまで行かなくていい!
でもご近所過ぎて通ってしまいそう!
久しぶりのジェラート、私はパイナップルバジルと塩キャラメル、
息子はチョコレートとビスコッティの組み合わせ。
2スクープで3.5フランのお値段も他店舗と同じ。

IMG_5589.JPG


食べ終わって帰る頃にはやっぱり行列ができ始めていました。
早すぎる夏に未練タラタラのスイスですが、ジェラートでちょっと夏気分。
少しでも太陽が顔を出す午後は、やっぱり行列ができています。


Gelateria di Berna
scheibenstrasse 18
www.gelateriadiberna.ch

*行き方
BHからトラム9番/WankdorfBH行きでBreitenrain下車、徒歩3分。
郵便局の隣。

posted by hummeli at 23:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | レストラン・カフェetc | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月25日

Bernアート茶会

続いていた雨が止み、太陽が顔を出した先週の火曜日。
在日本大使館広報文化センターで江波富士子、小西潮、両作家の硝子作品を使った
お茶会と展覧会が開かれました。

IMG_5081.JPGIMG_5086.JPG
IMG_5085.JPGIMG_5091.JPG


涼しそうな水色の着物の江波さんが持つお茶椀。
彼女がベルンをイメージして作ったと言う、その名も「ベルン」。
淡い薄紅の着物の向宗由先生の前にあるのが「スイス」。
雪化粧した高い山と青い空、スイスのイメージそのものですね。

江波さんと彼女を応援するギャラリーのオーナーと出逢ってから約半年。
待ちに待った初日を迎えられた気持ちはひとしお、オーナーとはハグの再会。

IMG_5257.JPG


抹茶を入れる棗(なつめ)もガラスのもの。
レースをねじった手法の小西さんの作品。
ゴジラからインスピレーションを受けて作られたものや、
江波さんのお花の庭を連想させるものなど。
茶さじも凝っていて、花がずらっと並んでいたり、蛇だったり。
蟻が10匹(ありがとう)だったり、紅白でおめでたい時に使えそうだったり。
見れば見るほど、色んなものが次から次に見えてきて面白い!

IMG_5093.JPG



2階部分に展示されてある、両作家の作品もじっくり見ることができました。
この小さな小さな硝子パーツが
並べられ、繋げられ、巻かれて形を変えたのが江波さんの作品達。

IMG_5259.JPG


徐々に淡くて薄い色が濃く深くなっていく、グラス達。
「雨のち虹」というタイトルの、
25個ひとつひとつにストーリーがあるようなグラスは、見飽きませんでした。

IMG_5109.JPG


近くからひとつひとつを眺めてみたり、
前から、後ろから、上から、斜めからと見る角度を変えてみたり。
どれも素敵で、硝子の世界に引込まれてしまいます。

IMG_5111.JPG


「升」というタイトルのついた小さな脚が付いた四角い入れ物。
キャンドルを灯すととっても綺麗なんだろうなーと想像せずにはいられません。

IMG_5115.JPG


これは水差しとコップ?
小さなパーツそれぞれをよく見ると、全てが野菜!
茄子、トマト、キュウリ、パプリカ、さやえんどう、etc。
夏にぴったり、元気をもらえます。

IMG_5117.JPG


この大きな赤いお皿には目がくぎづけになりました。
用途は様々あるでしょうが、私は花を浮かべたいな、と思いました。

IMG_5258.JPG


焼き物のお茶碗と違い、硝子のお茶碗で頂くお茶は
なんとなーく、カジュアルな感じがしました。
飲んだ後も茶碗を内から外から眺めたり、光にかざしてみたり、
お茶がなくなってからも楽しめる、飽きないお茶の時間でした。
いただいたお干菓子は、私の地元、鶴屋吉信の御所氷室。
暑い夏(スイスは冷夏ですが)に涼をもたらすのにピッタリな氷のイメージ。
お茶も確か宇治の物で、京都を身近に感じられた午後でもありました。

2年後のチューリヒ、楽しみです。
江波さん、潮さん、スイスから引き続き応援しています!
ありがとうございました。
posted by hummeli at 05:54 | Comment(1) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年07月01日

硝子とお茶がベルンで出逢う日

スイスと日本の国交樹立150周年という記念の今年。
1月に江波さんのことを知ってから半年と少し。
縁と縁が繋がって、
江波さんの美しい硝子の茶碗でのお茶会と作品の展示が行われます。

IMG_4893.JPG


上手くいく時はトントンっと話は進むものなのでしょう。
5月にはチューリヒのリートベルグ美術館でのイベントに
江波さんの作品が使われ、なんと2016年には個展も決まったのだとか!
もう、行かねばなりません。

と、その前に今月15、16日に在日本大使館・広報文化センターで
江波さんと小西さんの硝子の茶道具を用いたお茶会と展覧会が開かれます。
スイスの澄んだ空気と夏の太陽を受けて、お二方の硝子の器達が輝きます。
涼しげな趣が、今までのお茶のイメージとは違う、
新たな側面を感じさせてくれることと思います。


2014年7月15日(火)
薄茶席 11時〜、14時〜の2回
    席主 向 宗由 裏千家教授 茶道家
    半東 江波富士子、小西潮(作品説明あり)
▷作品展示もあり

2014年7月16日(水)
レクチャー 14時〜
    江波富士子氏による「ムリーニ技法について」(英語)
▷作品展示 11〜16時まで



両日とも要予約です。
詳しくはオフィス卯甲潮工房
問い合わせ先:広報文化センター 031 305 15 70/jicc@br.mofa.go.jp

今のところ、15日のお天気は晴れ!
16日の雨と雷予報、どうぞ夕方以降にお願いします。
posted by hummeli at 23:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | ベルン生活徒然日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする